パンチドランク・ラブの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「パンチドランク・ラブ」に投稿された感想・評価

こちらも天才監督、P・T・A

彼の作品群のなかでは見やすい一本でした。ひたすら恋の力を描き切った一本、キャラクターの個性も出しながら、見事に監督の個性も表出した作品です。

逆に本来の個性を封印されたのが、アダム・サンドラー。ど真面目で恋に奥手な役ならピッタリ! それでいてユーモアというよりかは痛い。内に闇を秘めたキャラというのも新しいです。相変わらずキャラクター創造がうまいなぁ、とPTAを賞賛します。
FjiMEE

FjiMEEの感想・評価

2.0
退屈だった。
気持ち悪さは表現されてたと思う
i

iの感想・評価

-
激しいラブ、エッジが効いててめちゃかっこいい
sheepman

sheepmanの感想・評価

4.9
ダメな主人公とキュートなヒロイン。ラブコメディーにご都合主義なんて野暮なことは言いたくない。人生なんて何にも思うようにいかなくてクソみたいで、だけど恋をしている時だけはまるで世界が全部輝いて見えるようで、そのためだけになら生きていてもいいかなって思わせてくれるような、とても綺麗な映画。
haruharu

haruharuの感想・評価

3.3
独特な世界観がいいですね。カメラワークおしゃれ。常に奇妙な空気が漂っててソワソワする。ストーリーがどうのこうのって問題じゃないやつです。
映画ってジャケットになってるシーンがくると、おぉ~このシーンかぁ~、ってなる。笑
ゆりこ

ゆりこの感想・評価

3.5
ロマンチックなのに漂う不安感があってそこが好き
skk

skkの感想・評価

3.9
タイトルを見かけたときにサニーデイ・サービスの「パンチドランク・ラブソング」が頭によぎったので鑑賞

癇癪持ちでかなりADHDな主人公のラブストーリー
とにかく主人公の行動が不器用で見ていてヒヤヒヤするのだが、緩急つけた展開で飽きずに楽しめた
映像・カメラワークの美しさはさることながら、音楽・音響がとても気になりました 職場のシーンとかの神経質なまでのごちゃごちゃした雑踏はこちらの神経にも若干キた

それにしても、主人公とヒロインの服が赤と青なのは、やっぱりボクシングを意識しているのだろうか?
最終的に英雄感出してるけど全部原因自分やからな!おまぬけたん!!ダサラブ
テンポ感は案外好き
梅酒

梅酒の感想・評価

4.7
去年ぶり2回目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ポール・トーマス・アンダーソン監督作品コンプしたので、
マイベスト(2019.9.10 時点)

1.パンチドランク・ラブ
2.ファントム・スレッド
3.ザ・マスター
4.ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
5.ブギーナイツ
6.ANIMA(短編)
7.マグノリア

8.ハードエイト
9.インヒアレント・ヴァイス
4人組ぶん殴った辺りからの加速感好き。フィリップSホフマンとの口喧嘩がテンポよくて見惚れてた。