ve

ウォンテッドのveのレビュー・感想・評価

ウォンテッド(2008年製作の映画)
3.8
設定に魅力ありすぎ!友人や上司に見下され、それを受け入れて生きてきたダメ男が、ある日いかにもなアブない美女と出会い、殺し屋へと変貌していく。こんなにも馬鹿馬鹿しいのに憧れてしまう話はないでしょう。終始ハイな状態で進むから観ていて楽しい。現実を忘れられるうえに目の前で起こることが全てな映画はやっぱり強い。

ただ、標的を殺すために一般人が犠牲になってるのに、何も触れていないことに対して違和感を覚え、どうしようもない自分の小ささを痛感してしまった。本当にどうしようもない。