のん

トレインスポッティングののんのレビュー・感想・評価

トレインスポッティング(1996年製作の映画)
3.5

全然本編と関係ないんだけど、このジャケット見る度に胸の谷間寄せてるように錯視してしまう……


ってスミマセン。

ドラッグムービーとして名高い作品だけど、実はサッチャリズムが背景にあったという。
そこらへん、当時は理解せずにポップカルチャーな部分しか観ていなかったので「いい年なのにこんななのか」(主人公たちとほぼ同じ年齢です)…って日本で暮らす私はちょっと醒めた目で観てました。

同じドラッグムービーなら離脱症状のシリアス度で上の『レス・ザン・ゼロ』だと思ってたし。

それはともかく、トレインスポッティングの「ドラッグ目線」や行き場が無いながらもそれぞれに個性的な在りかたが、若者の感覚で、よりリアルに描かれてる感じは素敵だった。