映画初心者おぐけん

トレインスポッティングの映画初心者おぐけんのレビュー・感想・評価

トレインスポッティング(1996年製作の映画)
4.0
おしゃれなパッケージ!引き込まれる内容!!そして始まる最高のオープニング!!!すごい洒落ていて、最低な映画(褒め言葉)だったゼ!!!

な訳で、『トレインスポッティング』鑑賞しました。どうしようもないクズたちの最高で最低な日常にスポットを当てた映画です!!

まず、スタートのトイレが最高にキツイ!!!映画見ていて『えずいた』なんて初めての体験!!それほどキツイなあのシーン笑
あのシーンで鑑賞を断念しかけた人も多いのでは?

しかし、それを乗り越えたらこの映画の不思議な魅力(魔力)にメロメロになってしまいます!これが電子ドラッグなのか。。。(???)

まず劇中音楽が素晴らしい!!どんどん不幸になっていく主人公たちを見ていても、まるで喜劇を見ているように楽しくなってしまいます!

そして、魅力あふれる登場人物達!全員もれなくクズばっかなんですが、その中でも『良いクズ』と『悪いクズ』が浮き彫りになってくるのが面白いですね〜。
登場人物の中でも、僕はレントンとスパッドが好きだったりします。あの不思議な友情は見ていてなぜかほっこりしてしまいますね笑

そして、一番の魅力はヘロインの副作用を表現したあの一連のシーンではないでしょうか?
あれは恐い笑 あんなん見せられたら、自分やったら自殺してますね笑

それは見てからのお楽しみというわけで!!!

そんな訳でいつも以上にキマっちゃってるグダグダレビューはここまで!!

他のユーザー様も仰っていたんですがこの映画は『つるむ友達はちゃんと選ぼう』ってことを説いてくれる教育映画(?)だと思います笑

しっかり見て勉強しましょ!!!長文大変失礼しました!!!

2016/1/9

あ、がっつりヤッちゃってるシーンがあるので背後に気をつけて鑑賞しましょう。