MBOMB

トレインスポッティングのMBOMBのレビュー・感想・評価

トレインスポッティング(1996年製作の映画)
4.5
題名とジャケットから好き

ポンポン進んでもはや待つ気なしのこういうテンポの映画はチンタラしてるものより大好物

終わり方がゾクゾクする
痛快エンド

登場人物に共感できる人がいないっていうのは映画としてはそれがマイナス評価になりがちだけど、この作品に関しては「しかたがない。だってクズだもの」の一言で済まされると勝手に思ってる

ニヒリズム的考えを持ってる人に向けて、こんなクズどもでも自分に価値見出して希望抱きながら生きてるんだから頑張れよってポジティブなメッセージを感じとった

ダニー・ボイル監督は人が追い込まれる演出をやらせるとピカイチ