トレインスポッティングのネタバレレビュー・内容・結末

トレインスポッティング1996年製作の映画)

TRAINSPOTTING

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.8

「トレインスポッティング」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最近、幸せってなんだろな〜って考えてたから、この映画見て、…まあ、わからなかったんだけど、思い切りは大事だし、やっぱり取捨選択が大事だし、全部が全部うまくいく訳はないんだ。ということはわかった。映画の内容としては、あいつら絶対ほんとうの友達じゃないし、切り捨てて正解だと思う。(笑)あと、演出が面白い。幻覚が見えてカーペットに体が沈んでいって、そのあとも両端にカーペットが少し見えてるのとか面白かった〜!
・レントンはワルぶりたいだけだったが、いきすぎてしまった。本当はコーヒーよりカルピスが好きなのに、無理してブラックを飲んだ。最後はコーヒー豆をじかに食べた(本当のコーヒー通はそんなことしない)

・タイトルの意味は?
→調べると「電車オタク→薬物オタク」ということらしい

・部屋の壁紙的にも、レントンは子供
→タイトル通りの電車の壁紙

・最後の顔がぼやけていくシーンで、最後の方の画面が赤ちゃんの死に顔に見えた
→考えすぎ?
共感はできないけど
生きることに一生懸命なところを否定はできないな〜と思った
ユアンの演技がすごい
代表作なのも納得といったかんじ
ダークサイドの青春映画。
薬、酒、タバコ、救いようのない思考、クズさが全開に描かれてたのにめちゃくちゃポップで面白くて見やすかった。

べグビーが一番頭がイカレてる。(笑)

人間「よし、自分は変わる」では簡単に変われないし、一緒にワルをしてきたヤツらとは急に縁は切れない。
よし、人間関係変えよう!なんて到底難しい。

主人公は変わりたいって正当化してるけど、結局傍から見れば落ちぶれサイド。
類は友を呼ぶってこういうことなんだと思う。
やらないと決めたのに何回もヘロインを欲してしまうところの脆さも人間ゆえの行動だと感じる。

最後はなんだか主人公を応援したくなったし、スパットにお金が渡ったシーンはフフってなるくらい清々しかった。

普通の生活に変わるぞってエンディングだったけど、人間の意思は想像以上に脆いからな…
変われますように。

話のテンポも良くてサラッと楽しめた映画。
ユアン・マクレガー来日記念!
観たつもりだったのに…
観ていなかった、、、

ストーリーはものすごく悲惨で重いのに、あまり暗く感じなかった。悲壮感はない。切実感もない。というか、そのように描かれてると思う。
音楽も明るいし。
(だって、あの赤ちゃん…あれはダメでしょう!)

そうだよね、いろんな煩わしいもの忘れてしまいたい。
今、楽しければってね。

でも、この歳になって観ると、冷静に観ちゃって、、、
観る年齢にもよるんだろうなぁ。
もっと若い時に観てたら印象が違ってたかも。

もっとジャンジャン音楽かかって、今を忘れるために派手に突っ走る、疾走感のある映画かと思ってたら、閉塞感漂う、イギリスとは違う、ましてやアメリカではない。独特なスコットランドの雰囲気。
強烈には振り切ってないけど、印象に残る感じ。

何をしても、結局抜け出せない。
汚いトイレからキレイな水に抜けたのに、結局、又あのトイレから出てこなくちゃいけない。(あのトイレのシーンは、ギャーやめてぇ〜ってなったけど!)

ラスト、多分彼はまた手を出すよね、、、
そんなに明るい未来では、、

[後、もう一度]

続編はどうなってるんだろう?

ユアン・マクレガーは本当にピッタリで印象的!これが出世作なのは分かる気がする。
ロバート・カーライルは「フルモンティ」のイメージだったので、やたらキレる役でビックリ!
ジョニー・リー・ミラーがあんなにキレイだったとは。
・映像と音楽がスタイリッシュでかっけー。イっちまってるレイトンの向かいでひたすら007の薀蓄を語るシックボーイとか、全然意味わからんけどキマリすぎ。ど田舎の駅で立ちすくむ姿とか、バーの狭いカウンターで5人がぎゅうぎゅうで座るシーンとかもなぜか絵になってる。不思議だ。
・レイトンが副作用の幻覚で苦しむシーンがハイライトだと思う。あの数分の映像はトラウマになりかねない。這い寄ってくる子供には背筋凍った。全世界の悪ガキ共に見てもらいたい。
・しかし序盤の座薬のくだりは汚すぎた。。トミーの末路も最悪だし、飲食しながらの鑑賞には気ををつけたほうがよさそう
・ぜんぜん本筋と関係ないけどダイアンの学校の制服がやたらかわいい
冒頭の早口が好き。
汚いトイレに潜っていくシーン、ヘロイン注射してカーペットごと沈んでいくシーン、禁断症状で幻覚が次々見えるシーン、、、映像と音楽がとにかくすごかった。かっこいい。

登場人物、ぶっ飛んでてやばい。ヘロイン中毒者の見てる世界を少しだけ見れたんだと思う。まさに沼。絶対足を踏み入れたくないと思いつつ、ちょっと彼らのラリってる感、ヘロインさえあればもうどうなってもいい感は、少し羨ましく感じた。なにせ現実は、ルールや倫理でがんじがらめで、窮屈だからね…。
この時のスコットランドの国民の格差、それに伴うドラッグ文化、犯罪、セックスなどが詰まった時代に喧嘩を売る映画に感じた。
冒頭の独白を最後にも使う、あの、そういう映画本当に大好き!!!てか疾走感すごい!!!
死んでるシーンとかケンカシーンよりも注射を刺すシーンがリアルで1番グロかったなあ。
トイレのとこやっぱりやばいからご飯食べながらは見られない〜😢
ブリットポップの時のファッションも見られて、ハッピーエンドで、もう最高です!
ユアン・マクレガー、ロバート・カーライル大好き!!❤️❤️❤️
私のイギリスに対するイメージ
Choose life.
全ては選択である。

音楽は最高、古きよき映画ですね。
クソの掃き溜めみたいな環境で育ったワルが、何度もクスリまみれのクソみたいな人生をやり直そうとするストーリー。

冒頭からChoose...で始まる通り、この作品のメッセージは選択。
そして、冒頭で何気なく出ていたChoose friendsが彼の最大の選択だったのだろう。

環境こそが人をつくる。
そこに妥協をしてはいけない。
>|