トレインスポッティングの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

トレインスポッティング1996年製作の映画)

TRAINSPOTTING

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.8

「トレインスポッティング」に投稿された感想・評価

KUSUYAMA

KUSUYAMAの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ストーリー ★★★★
演技 ★★★★★
音楽 ★★★★★★★
撮影・デザイン ★★★★★

『ビタミンCが違法ならやってた』
を始め、クソかっこいいセリフの数々

1990年代の映画で撮影技術が稚拙が故に妄想と現実のシーンが連続的で明確な違いが見出されず、鑑賞者もヘロイン中毒の世界観に浸かる感覚があって面白い。この時代の作品ならではという感じ。

ユアンマクレガーのコンバースの履き方、スーツの着方と一周回って現代的で最近cluelとかに載ってるファッションを感じる。こちらも古いものが一周回って新しく感じられて面白い。

ケリーマクドナルドにこんなにどエロい少女時代があったのは驚き。物語の中でたいした存在感があるわけでもないが幼いのにとにかくくそセクシーで惹かれる。

撮り方としては序盤の3人の同時刻の行動を並列で映す場面の切り替えがポップ。

BGMがどれも抜群でアガる。

ユアンマクレガーとエミネム、目つきがサイコですごく似てるように感じる。ウェスベンドリーもこの系統。イケメンサイコ坊主。スキンヘッドじゃなくて坊主。

ワルが更生できずに戻ってきてしまうところがオレンジと通じるところがあるし、イギリスで社会現象になったところも共通して面白い。撮影の手法とか美術のセンスを見てもキューブリックの、時計じかけのオレンジの、影響下で出来た作品だなとひしひしと感じる。




汚いのだけ勘弁してほしい。
社会派映画。(ドラック映画の代表作)

ドラックに溺れて行く青年を最初から最後まで上手く描いているなと感じました。映画の構成や音楽もとても現代的で1996の作品とは思えません。きっと当時、世界にかなりの衝撃を与えたんでしょう。

主人公を演じるユアンマクレガーはオビワンのイメージが強すぎて、この映画を観た時、結構衝撃的でした。それにしてもドラックの快楽に浸る演技は素晴らしかったですね。

他の4人の糞男を演じた役者さん達もとても個性的で印象に残りました。糞な男が5人集まるとこうなるのか〜と、自分も良い人と友人にならなきゃですね笑

結構グロい描写が多いのですがそれらもスタイリッシュに描かれているので、あまり苦ではありませんでした。

是非ご覧ください!
マジデイカレテヤガル
麻薬怖い
Saimi

Saimiの感想・評価

3.6
洒落てたな〜、主人公の眉毛すき
ゆうり

ゆうりの感想・評価

4.0
ちょ~面白い。あ~。ちょ~面白い。テンポが良い。洒落てる。ヤク中のどうしようもない話なのに。
けんざ

けんざの感想・評価

4.1
薬物映画なだけに変な中毒性があった
どこが良かった?と聞かれても具体的に言えないけど、面白かった?と聞かれたら間違いなくそうだと言える
T2の方も観てみようと思う
わずや

わずやの感想・評価

3.3
イギリス映画に勢いがあった時代
みやも

みやもの感想・評価

3.3
なんかピンとこなかった(具体性を欠いた感想)

トレインスポッティング・・・麻薬中毒者(鉄道マニア)
西野司

西野司の感想・評価

4.1
ベグビーは熱い。
エディンバラ