トレインスポッティングの作品情報・感想・評価

トレインスポッティング1996年製作の映画)

Trainspotting

上映日:1996年11月30日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「トレインスポッティング」に投稿された感想・評価

kazu

kazuの感想・評価

4.4
エロく汚くクズで潔くてカッコよかった
yuya

yuyaの感想・評価

3.6
ドラッグばかり

このレビューはネタバレを含みます

すごい。息を飲む。この時代に同じテーマで、同じ脚本で映画を作ろうとしてもこれほどのクオリティのものは二度と作れないと思う。音楽も俳優もファッションも最高だった。

醜いものや汚いもの、性、生、死を見事にそのまま描いていた。目を背けたくなるような汚さをひとつも鮮やかにすることなく描いていて前半部分は特にリアリティを感じた。

ドラッグに依存すること。それはけして素晴らしいとは思えないし彼らの人生はくそったれで友情も薄っぺらでどうしようもなかった。ただ快楽がそこにあり、嫌なものから逃げ出して生きていた。そこから主人公は這い上がろうとしていたが、また元の道に戻り、そして最後に改心して人生を改めようとしていた。しかし、彼はこれで最後にすると口にした。ドラッグをやめようと決意した時のように。彼は何度も最後にすると言って何度もドラッグに手を伸ばした。だからきっと、彼はすぐ悪事を働くか、ドラッグに手を伸ばすだろう。でも、それでも彼の心は腐っちゃいない。腐ってないから笑うのだ。

最後のセリフは視聴者に対する皮肉がよかった。人生なんて長く生きたって大したことは無い。薬漬けになってドブの中で人生終わろうと年金たらふく払って貰う前に事故死しようと変わらないのだ。何かに依存していてもカッコよかったらいいなって思えた。
blue

blueの感想・評価

3.6
共感できる
ごぶ

ごぶの感想・評価

-
『トレインスポッティング』観たよ。
ヘロイン中毒廃人映画。
相変わらず悲惨すぎるお話ですね。キツイ。いいかんじにどんよりしてきた。
あんな掃き溜めでも、非日常的なわりとドキドキできるイベントが起きちゃうあたりが映画なかんじ。仲間が死んじゃうとか、逮捕されて更生施設入れられちゃうとかそんなイベントばっかでも、なにもないよりはいいよね。

萌えたとこ。
主人公のユアン・マクレガーにちょっと萌えた。
リセットボタン押したがりやさんだね。
劇中でも3回ぐらい押しちゃうし・・・そのつど掃き溜めに戻ってくるんだけどね(本人だけが理由じゃないのがポイント)。
最後のリセットもね・・・あのあとどーなんだろね?、ろくなことにならねーだろな。
イヤな終わりかただね。
マサ

マサの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

うん、大型テレビは必要だね。
嶋田

嶋田の感想・評価

5.0
圧倒的にかっこいい
shoepexe

shoepexeの感想・評価

3.5
あんなに流行ってたのに、恥ずかしながら実は初見の。なるほど多感な時期に見てたらどっぷりハマってたかもしれない
>|