トレインスポッティングの作品情報・感想・評価

トレインスポッティング1996年製作の映画)

Trainspotting

上映日:1996年11月30日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「トレインスポッティング」に投稿された感想・評価

「人生を選べ」から始まり、「ヘロインだけがある」で終わる主人公レントンの約2分間のモノローグ。
このモノローグに一体何人の若者が影響を受けたのか。
彼らのファッション、音楽、カルチャー、生き方(真似しちゃダメ)から歩き方まで、レントンが真っ当な我々と同じ生き方を「選んだ」物語とは逆に、我々はこの映画の全てから影響を受ける生き方を「選んで」しまう。
そしていつか彼のようにそこから抜け出したいと思う日が来るのだろう。
そうやって「人生を選ぶ」のだ。
トイレのシーンはキツかったけど面白かった。見てて楽しかった。
何もかもが素晴らし過ぎる!
人生のベストに入る名作
音楽最高!!!!
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.4
「人生で何を選ぶ?」

そう問い、疾走する若者たち。彼らは人生においても、どこに向かうかわからずに闇雲にただただ走っていた。


不況の時代、労働者階級の人々はその煽りを受けて生活をしている。
この作品に登場する若者たちもそうである。

現実逃避のために彼らはドラッグという一時的に手に入る快楽に手を出し、なかなか抜け出せない。

天井を這う赤ちゃんがこんなにも不気味だなんて…笑
そういったドラッグ中毒のために見てしまう妄想・幻想の描写が、彼ら目線で現実的なのでちょっと怖かった。

抜け出せないドラッグという呪縛と、仲間によって引き起こされる事件にハラハラさせられる。

オープニングとラストがとにかくかっこいい。
当時のイギリスの時代性に合った作品で、それも少し泥臭いのだけどスタイリッシュであるというのが特に若者に受けたのだろう。
ゆず

ゆずの感想・評価

4.5
めちゃめちゃすこなこの作品。
サブカル男に好きな映画聞いたら大抵トレスポ答える。トイレのシーン大好き。音楽や、幻覚の映像表現、シャブ漬けの部屋。本当に作り込んでる作品。今の邦画には決してない。。。
アミ

アミの感想・評価

-
汚いが
最近イギーポップが好き
litter

litterの感想・評価

-
もうずっとエッ〜〜〜〜〜〜〜って感じ
>|