夏来

虹の女神 Rainbow Songの夏来のレビュー・感想・評価

虹の女神 Rainbow Song(2006年製作の映画)
4.1
どうしよう、この映画めっちゃ好きだ。あおいが、めっちゃ好きだ。
数年前に観たときは、こんな風に思わなかったのですが。本当にタイミングですね。

カット割りにもBGMにもストーリーにも映像にも、特別格好いいものがあるわけではなく、どこまでも正攻法で直球な青春ラブストーリーです。
あえて特徴をあげるなら、その細やかな心理描写。空港で泣き崩れるかなと父親の台詞のやり取りとか、飲んだ帰りに岸田を鞄で殴りつけるあおいとか、はずみで結婚まで約束しちゃったバツイチ女の捨て置けない切なさとか、初めて見たときはダサイなーと思ったいちいちが、見返してみると引っかかる引っかかる。
あおいに感情移入しすぎて、最後の手紙のシーンとか、もうバカなのかなってくらい涙腺にきました。

はあ浄化作用。泣きたい!という能動的な夜にお勧めです。