あまのかぐや

アメリカン・ビューティーのあまのかぐやのネタバレレビュー・内容・結末

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

たんたんとしたナレーションが主人公のものだという。 そこからして不穏な空気が漂う。 ラストまで途切れない緊張感と黒い笑い。 ケヴィン・スペイシーの怪演、熱演に負けていない妻役のアネット・ベニングも 娘役のソーラ:バーチも(にせ)ビッチの友人役の子もみんなとてもきれい。 やってること言ってることはとても美しいとはいえないんだけど。 サム・メンデスのこだわりさく裂の美しい映像 ラストシーンの主人公の表情と回想でいっきに普遍的な美しい物語に昇華した気がした。 それまで「ああああ見なきゃよかった」と思いながらみていたのが「見ていてよかった」になった気がした。 もう一つのバッドエンディング的(ムスメと隣の家の青年の)なラストもあったようだけど、これでよかったと思います。