ほりみ

アメリカン・ビューティーのほりみのレビュー・感想・評価

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)
3.7
ある町のある家庭とその周りの人達の人間の深い闇と欲と美を描く映画。

登場人物全員精神病かなんかと思われるほどどこかおかしく、みんなが破滅へ向かって崩れていく。

名作と言われると、なるほど。と思うけど、なんの情報も無しに観るとほぅ…。という感じ。

ただ、見入ってしまってたし、変な余韻に浸るし、やはり名作なのかな。

ケヴィンスペイシーの変化をつける演技力、最後の幸せそうな表情は素晴らしかった。

40代くらいにもう一度観てみようかな。