図師雪鷹

アメリカン・ビューティーの図師雪鷹のレビュー・感想・評価

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)
4.5

アメリカの中流家庭の崩壊を描いた映画。主人公(おじさん)が娘の友達に恋心を抱いてしまう…という危険な始まり方をする映画。
あの出オチは潔すぎて感動する。
ただ、1番重要なのはそこにいたる過程であって、コミカルな所もあったり、この題名に恥じないような『美』に関する言及もされていたりして目が離せなかった。
そして、あの予想がつかないオチ。(さっきと言ってることと矛盾してる気が笑)
終わり方も非常に良く、どこか哀愁が漂っていた。
あと、最後の辺までひたすら気持ち悪かった主人公があの決断をしたことで、若干彼に対する株が上がった。踏み止まって良かったよ、ほんと。