アメリカン・ビューティーの作品情報・感想・評価・動画配信

アメリカン・ビューティー1999年製作の映画)

American Beauty

上映日:2000年04月29日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アメリカン・ビューティー」に投稿された感想・評価

ぽん

ぽんの感想・評価

3.9
これは、、すごい、なんかサイコパスなの?か?これもゼミの先生に薦められて観た。赤い薔薇が印象的、美しい家族との対比なんかな?むずい。
Hani

Haniの感想・評価

3.4
つまらなくはなかったけど、うーーんこれがアカデミー賞受賞しまくった映画なの…?と思った。
せれな

せれなの感想・評価

3.9
皮肉〜
みんな平凡だし、平凡が幸せだっていうのに、気づかずに無理して普通を避けてる
けど、気づいたきっかけも、気づいた瞬間に消えるのも皮肉〜

2020年145本目
Kanoa

Kanoaの感想・評価

3.8
映像綺麗。JK狙っちゃいそう。変な性癖に目覚めそう。
「『僕らは普通の人間』というインチキCMなのさ」
娘と妻からは嫌われ、職場からはリストラされそうな主人公。ある日彼は娘の友人に恋をする(というか性欲を抱く)ことになり、それをきっかけに色んな意味で人生が変わり始める……という話。
主人公の「ろくなやつじゃない」感というか、暴力振るうわけでもアル中なわけでもないけど、普通に気持ち悪くて鬱陶しくて思いやりのない感じがリアル。そりゃ妻にも娘にも嫌われるわっていうか。
ただこの映画自体は結構コミカルで、登場人物もほぼ全員嫌なやつなんだけど不思議と魅力的。悩みやコンプレックスがそれぞれの行動に表れていて、それがどこか愛しく思えるからかもしれない。
ラストにかけての展開は予想がつかなくて本当に面白い。
tr

trの感想・評価

-
通奏低音のように悲劇があるのだけれど、何故かライトな調子で物語は進んでいく。常に笑いながら観られました。最後に平凡な父が死ぬことによって完成される作品でしょうか。
家族関係の緊張って、いつかは収束を迎えると思っているのだけど、その緊張を迎えたときに発生するフラストレーションは自己で解決すべきなんだよね。外側に向かうと決まって翻弄されてしまうので、自己の内側を徹底的に洗い出すことが重要だと思う。
「体の緊張を解く」「美のあふれる世界で怒りは長続きしない」ってそういう意味合いだと考察したのですが、、。
赤身肉

赤身肉の感想・評価

4.1
たまに見たくなる作品。
見てるうちにのめり込んでしまうような、自分にはスタンドバイミー的な立ち位置!

名作だなーと見る度思うし、見る度に面白く感じてくる。
ケビン・スパイシーの演技は凄まじいな。
少女に恋をする描写だけでとんでもない作品ってことを感じさせてくれる。

理想的な家族を皮肉ったトラウマになりそうな作品。
終わり方もめちゃくちゃいい。
最後に幸せだったなって感じられたのだとしたら、良い終わり方だなあ。

結構笑える部分もあって、DVDを買おう思う!
nonbo

nonboの感想・評価

2.0
特に感想はありません。

人の悩みを究極にしたらこんな風になっちゃうよね。
うーん、可もなく不可もなく。
>|