アメリカン・ビューティーの作品情報・感想・評価

「アメリカン・ビューティー」に投稿された感想・評価

nnm

nnmの感想・評価

3.8
コメディ要素もあるけど、後半にかけて切なくなってきた。

アメリカン・ビューティーというのは、薔薇の1種なんですね...

赤の鮮やかさと、白の可憐さ。
最首

最首の感想・評価

4.2
ケビンスペイシーはもうこの役のイメージがついてしまうほどの変態役。
なぜか笑ってしまうようなおかしさもあり大好きな作品。
Anzu

Anzuの感想・評価

3.2
何が言いたいのかちょっとよくわからなかった
パパめっちゃ気持ち悪い

隣のサイコボーイも最初は気色悪かったが、その危うさ故の魅力がなんとなーく分かった。ジェーンとお似合い。
かな

かなの感想・評価

3.8
登場人物たちのキャラクターのアクの強さからアメリカのブラックコメディぽさを感じる冒頭から、それぞれの自己の解放後の振り幅の大きさにこの映画の面白さを感じたり、時々レスターの妄想シーンが挟まれる演出が下世話なストーリー展開をアーティスティックにしてくれてるような気もするし、ジャンルに分けられない映画のようで観てよかった。
ソーラバーチが可愛い。
自分に誰も興味を持ってくれない寂しさとか不満が満たされたときに全然顔つきが違うのが。それは父役のケビンスペイシーもしかり。
有名だけどどんな話か全く予想つかなくて避けてきたんだけどやっと観た
いやぁぁあなに!
何がいいのかわからないんだけどめちゃくちゃに好き、
斬新な音楽とかカメラワーク?とか写し方も好きなんだけど
何だろうわかんない、!
KEIYA

KEIYAの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

幸せの絶頂で死ぬ。

これぞハッピーエンド。
miri

miriの感想・評価

3.9
狂気的で美しさもあって、でも黒い部分もある、一言で表せない映画
家族のことどんなに憎くても結局は家族には特別な愛があるんだなー
この映画はすごく有名だけどどういう内容なのか全く想像がつかずに観た。観ていてヒヤヒヤヒリヒリする人間関係のもつれ、感情の爆発、そして最終的に良くなっていくのかなと思ったら斜め上の展開だった。登場人物全員が一癖どころかみんなくせもの。主人公の男性も狂気的だし隣人家族もどこかみんな病んでいる。ものすごく映画的な映画 わたしの好きな漫画の中の台詞で「大人はみんなどこかしら狂っている」、というものがあるんだけど まさしくこの映画の中の大人はそうだ こどもたちのほうがまだ理解できるし、大人たちよりよほどまとも
Michael

Michaelの感想・評価

4.2
美しい理想的な生活の裏には、それと相反する汚ならしく、人間臭い生活が存在する。けれども、その腹立たしい、ドロドロとした中のほんの一瞬の美しい光景を人は最後まで刻み続ける。分かった風に書きましたが実際めちゃくちゃ難しいし考えさせられました笑 キャストの演技と魅せ方が光る作品!!
Kyohe

Kyoheの感想・評価

4.3
美 美 美
>|