mumbleboy

ザ・コミットメンツのmumbleboyのレビュー・感想・評価

ザ・コミットメンツ(1991年製作の映画)
3.8
前から気になってたこの映画観てみました。リアルタイムでは知らなかったか、知っててもその頃はインディーズ音楽しか興味なかったからスルーしてたか覚えてないですが、前評判どおりですごく良かった。

大人版でオシャレさがゼロな「シング・ストリート」、みたいな。全然違うけど。この時代のアイルランドって本当にワイルドですね。子供が路地裏で火を燃やしたりセメントブロック的なやつを投げたりとにかくカオス。そんな風景をあたかも普通の様に歩き進む主人公たち。特に有名な俳優は出てないけどイメルダ役のアンジェリナ・ボールさん、どこかで観たことあると思ってたのはよく考えたらヴァージニア・マドセンさんでした。なんとなくマドセンさんってこの時代に色んな作品に出てるイメージだったけど調べてみるとそんなに知ってる映画がない。やはり一番印象深いのが「デューン・砂の惑星」でしょうか。 ストーリーがバンドメンバーが集まってサクセスストーリーになるのかと思いきや全然違ってライブの最中は最高だけどバックステージではメンバー同士の喧嘩が勃発しまくり。何だかおかしくて素敵な映画でした。