のんchan

ザ・コミットメンツののんchanのレビュー・感想・評価

ザ・コミットメンツ(1991年製作の映画)
4.0
今年7月に亡くなったアラン・パーカー監督に想いを馳せて...

まだ社会人が板に付いていない頃、職場に3歳上で、とても映画通の美人先輩がいた。その人は今から30年程前だけどPCに精通していて、Filmarks等のアプリなんて夢にもない時代、自分の映画鑑賞記録をしっかりファイリングし、データ化していた。(毎年、その年の順位表を私にだけコソッとコピーして渡してくれてた☺️)
私が好みの監督を聞くと、アラン・パーカーと即答し、私は当時『小さな恋のメロディ』は知っていたものの、それがアラン・パーカーの原作だという事は知らなかった。その先輩から『ザ・コミットメンツ』が最高だから観てみなよ‼️と言われた時の事を鮮明に思い出す。
自分はまだ若くて、映画好きとは言え、どんなジャンルが好みで、監督だの映像だの、全く訳の分からない時だったので、サラーッと言葉にする美人先輩に憧れていた。

前書き長過ぎ💦🙏
そんなこんなで、3回目の鑑賞をしましたけれど、若い時に観た時とまた違う角度で音楽を楽しみました♬
まず、アラン・パーカーという監督は大の音楽好き🎶なんですよね。音楽界にも携わっていて『ピンク・フロイド ザ・ウォール』のタイトルで映画化されてます。


ダブリンを舞台に失業者や貧しい若者達がソウルバンドを組んで、喧嘩しながらも街のLive houseで演奏して行くまでの様を描いています。

台詞に「俺たち白すぎないか?」「アイルランド人は欧州の黒人。中でもダブリンっ子は黒人中の黒人だ」って言う、訳わからない事を息巻く会話が楽しいです。

ジェームス・ブラウンやB・B・キングなどに憧れ、ソウル、R&B、ロックミュージックをガンガン演奏して歌いまくります。


サウンドトラックまで出ているようです⤵︎

1  ムスタング・サリー 
2  テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー
3  チェイン・オブ・フールズ 
4  ザ・ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート 
5  デスティネイション・エニホエア 
6  アイ・キャント・スタンド・ザ・レイン 
7  トライ・ア・リトル・テンダネス 
8  トリート・ハー・ライト 
9  ドゥ・ライト・ウーマン・ドゥ・ライト・マン 
10  ミスター・ピティフル 
11  アイ・ネヴァー・ラヴド・ア・マン 
12  イン・ザ・ミッドナイト・アワー 
13  バイ・バイ・ベイビー 
14  スリップ・アウェイ 



音楽好きな方、素朴で粗いですけど、いかがでしょうか?😅