ザ・コミットメンツの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

「ザ・コミットメンツ」に投稿された感想・評価

s

sの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ライブ感のあるソウルミュージックが最高。バンドとしては成功しないけど、それぞれのその後がハッピーな終わりになってて良い。
ダブリンの街並み、風景、労働者階級とされる人たちの暮らしぶりの描写とか最高だった。メンバー集めからバンド結成までのくだりが一番好きだった。あと最初のドラマーかっこいい。
ダブリンの労働者階級のバンド結成から解散までの映画でシングストリートにも多大な影響を与えてそう ウィルソンピケットは本当に知り合いだったのか
バンド結成からイザコザを経てそれぞれの道をいく、王道的バンド映画だった。

これなら実在した伝説的バンドを題材に日本でもできるんじゃないか(BOOWYとか)と思ったが、まあそれはご本人たちがNG出しそうな気もする😅

ダブリンの労働者階級の青年、ビデオを売りながら日銭を稼ぎつつ夢だったバンドを結成しようと行動を起こす。

メンバー選定もなかなかうまくいかないなか、なんとか集まり活動始めるも、トラブルはやっぱりあるんだな。女性関係、音楽性の違いetc。解散の理由に出てきそうなやつ。

ライブのシーンは盛り上がるが、私が単にこの手の音楽と俳優があまり好みじゃなかったので、胸アツとまではいかなかったが、バンドあるあるでよかったんじゃないかしら。

アラン・パーカーの映画は音楽絡みじゃない方が好きだな。
パーカー追悼2本目。最高の青春バンド映画。Fワードも最高回数?演奏シーンでエキストラのアップをいちいち丁寧に抜くのがいいなぁ😁
A・パーカーは「Fame」もそうですが、画面にライブ感を出すのが非常に上手い。バンド映画の王道かつ青春映画としても秀作。メンバーが集まる過程は「七人の侍」のよう、監督に黙祷。
アラン・パーカー監督作品✨

オープニングの音楽が、既にイイ❗️🎵

ダブリンのソウルミュージック🎶

お家でのオーディションに集まる人々✨

いろんなジャンルの歌好きが集まるも、ソウルにはしっくりこない。。。中には人が並んでたから並んだっていうだけの人も😂

いったいどんな人が集まってどんな音楽ができるのか楽しみながらみれた❤️

だんだん揃ってくる音楽が本当に〝魂〟って感じ✨

デコの声いい〰😆︎👏👏

ほぼ、実際のバンドマンで構成された映画とあって音楽がホントにいい!!

サントラ欲しくなる映画!
なにが起きるかじゃない

「それ」が起きるのか
起きないのか

そこを彷徨わさせるのがすごい

最後は鳥肌
snatch

snatchの感想・評価

4.1
これもニッコニコで観てしまった😃満点にしたい😆
アイルランドのダブリンを舞台にバンド結成をする彼ら彼女らの話し🎤🎸🎷🥁🎹
💐天国へ召されたアラン・パーカー監督を偲んで楽しみましたー‼︎
ダブリンの街は貧しいのですが、そんなの気にしない子供や大人がぞろぞろ出てくる🐴も。荒っぽいが気兼ねなしで、なんだかんだで皆仲がいい。主人公のマネージャーのジミーの家族も、狭い家に大勢だが楽しそう幸せそう〰︎お父さん好き😆
寄せ集めバンドが舞台に立つ度に大事故発生して笑いっぱなし🤣個性強すぎのメンツばかりで協調性がないこのバンドに賭けるジミーの自信と情熱がいい‼︎ あのインタビューがいい‼︎ お金はないけれど若い時の気持ち、やれること。…青春だなあ🐤
ひとつの名も無きバンドの密着フィルム感もありながら、本当にオーディションで集めた出演者たちの芝居なのかその場の即興なのかと温度が伝わってくる楽しさ。
あと、下品さ口の悪さもダントツだが、どんどんパワーアップするデコのボーカルはホントしびれます🍻
アラン・パーカー監督っていい音楽映画作ってたなー。アイルランドなんだけどソウル、R&B。バンドの魅力がいっばい詰まってたと思う。バンドで経験したことって一生の宝。
(追記 R.I.P アラン・パーカー)