タナカ商店

ウィッカーマンのタナカ商店のレビュー・感想・評価

ウィッカーマン(1973年製作の映画)
3.1
「少女が孤島で行方不明になったので探してほしい」との手紙を受け取った警部。
“サマーアイル島”へと向かった警部を待ち受けるものとは…



これが噂のカルト作か…
ようやく観ることができましたよ。
2006年にニコラス・ケイジ主演でリメイクされています。
『ヘレディタリー』で衝撃デビューを飾ったアリ・アスター監督の新作『ミッドサマー』は本作に似ているらしいですね。


サマーアイル島の異様な儀式に戸惑いながらも少女の行方を探す話となっています。
物語は期待しない方がいいです(笑)
次から次へとおかしな島民が出てきます。
どうやら男根を崇拝しているようです。
何と素晴らしい…(*´ω`)
日本も男根を崇拝する祭りってありますよね?

子供には徹底した男根授業をしております。
さあ、みんなで手コキの練習しましょうね~♪
はい!ペニスを握って上下に振る~♪
是非とも日本の教育に取り入れてほしいものです(殴)

野外セッ○ス当たり前!
道ばたでヤッちゃおう♪
大自然の力を浴びましょう( `ー´)ノ

いきなり全裸ミュージカルもあるよ~♪
おっぱい出して、激しくケツをフリフリしてるぜ!!


こんな光景を見ちゃったもんだから、警部は激怒!!!
キリスト教への信仰心が強いのもあってか、この島に深入りしてしまう!
あ~あ、ダメだよ。無事に帰れなくなっちゃうよ~?
こういうのは適当に済ませた方がいいよ。
島民からしてみたら、いきなり警部がやってきてゴチャゴチャ言われるとか鬱陶しいからね。
今まで当たり前のようにやってきたことを否定されるとカチンとくるよね。
余計なお世話ってことだ。


果たして行方不明の少女はどこに消えたのか?
この島に隠された真相とは!?
衝撃のラストをお見逃しなく!!!


っていうか、ラストシーンがジャケ写なんだけど(笑)
思いっきりネタバレになってるよ(;´∀`)

タイトルの『ウィッカーマン』とは古代の儀式のことを言います。
人型の檻に、生きた家畜や人間を入れて焼き殺す。
神様に生贄を捧げているとのこと…



おバカ映画のように見えて、恐ろしいメッセージが隠されています。