みきてー

ラッシュアワー3のみきてーのレビュー・感想・評価

ラッシュアワー3(2007年製作の映画)
3.5
好き度は1>3>2
2はストーリーが思い出せもしないほど凡作(でも好きだよ)に感じたのですが、この続編は文句無しにちゃんと面白い作品になっていました。

まず悪役の魅力。ただ単純に私が真田広之が好きだというだけの可能性大ですが、彼の演じるケンジがひたすらにジャッキーを愛し過ぎてて萌える。
ジャッキーがどうにも彼を倒せない理由が“同じ孤児院で育った兄弟だから”っていうのも、ジャッキーの実際の生い立ちを想起させて泣ける。だろうね…ジャッキーはきっとサモハンとユンピョウが悪の刺客になっても優しさで倒せないだろうね…

つまり今作はジャッキーによるジャッキー自身のパロディの側面が大きいのです。ラストの国旗アクションもシャンハイナイトまんまだし、有識者が探せばもっともっとパロシーンが多いんだろうと思います。またいつかラッシュアワー4が作られる日を夢見ています。