ロク

アイガー・サンクションのロクのレビュー・感想・評価

アイガー・サンクション(1975年製作の映画)
2.0
クリント・イーストウッドの初期監督作品で元登山家にして凄腕の殺し屋で今は美術教授をやっている男の元に旧友が何者かに殺害されたとの報が入り再び裏社会の世界へと戻っていくというハードボイルド風の話かと思ったら大きくずっこけることになる珍品アクション。まず、主人公が属する裏社会のボスが紫外線を浴びると死ぬという変わった病気を持ってて何故か暗殺のことをサンクションと表現(タイトルのサンクションはこれ)する変なオッサンで彼の部下のオヤジも空手の黒帯持ってるって豪語する割はイーストウッドに瞬殺されるなど笑かしてくれます。で、肝心のイーストウッドもスイスのアイガー北壁を登る登山グループに犯人が潜り込んでるというから登山に向けての訓練をジョージ・ケネディ扮する登山仲間のオヤジの元で始めるんだけど何故かコーチがエロい姉ちゃんでイーストウッドはその姉ちゃんの元でモニュメントバレーをひたすら走らされるトレーニングを受ける謎シーンが登場するわ肝心の暗殺もミスすまくるわとギャグのような設定の暗殺者でラストシーンを含めとにかく?マークが頭に浮かびまくる作品でした。