mingo

ナイルの娘のmingoのレビュー・感想・評価

ナイルの娘(1987年製作の映画)
3.9
細川智栄子「王家の紋章」読んでから行った方が良かったな。。。侯孝賢のフィルモグラフィを考えると、割とこの作品で景色も今までの田園風景の写真とは違い、夜のネオン街などが活写され印象的だ。
まだうまく消化できないけど、ヤン「恐怖分子」的な映画だった。冒頭、奥から扉を開けてやってくる兄は窃盗の常習犯だと説明されるが、のちに奥に消えていく。扉の開閉が横構造とすると、奥行は縦構造。縦と横の交差が完璧。ラストは奇跡的絵。そして音も編集も無音で不穏。ある意味不安定な少女期を繊細に切り取ったアイドル映画でもあるのか。シャオヤンの健康的な肌が脳裏に焼きつき、赤でも黒でも黄色でもないこれからは緑の時代がやってくる、つまりは80年代の多様な変化と少女の戸惑いとの比較が堪らなくエモーション。小品ながらも気取らない、少女の物語への憧れを巧みに描写した傑作。「憂鬱な楽園」へと辿り着くバイクシーンも良い、