村上典子

飾り窓の女の村上典子のレビュー・感想・評価

飾り窓の女(1960年製作の映画)
3.4
なんか男も女もコントみたいなボロの出し方ですが、いろんな意味でハラハラして、退屈はしなかった。落ちはね、うん、ちょっとえーってなる。