スーパー!の作品情報・感想・評価

「スーパー!」に投稿された感想・評価

2012/08/11

リビーの演技が
ぶっ飛んでるな〜
ジェームズ・ガンで一番好き
キックアスのような、ただし私利私欲のために、スーパーパワーは執着心。

攻撃方法も一般人が出来ない訳じゃなく道徳的にしない方法。

レインペイジのお貧乳スーツがすごいかわいい&エッチでした。

ただ、全体的にちょいぐろでスーパーヒーローたちが普通にやってる行為ってこのくらいのグロさなんじゃないかと思うと恐るべしアベンジャーズっておもいます。
梓

梓の感想・評価

3.8
キック・アス(language!と言いたくなるキャップ派です)と同時期だったんですね
似て非なるストーリー…

自分のヒーロー像を求めてアメコミ屋さんに行って研究したり神の啓示を受けたりとにかく自分の妻を取り戻すのに必死

ぽっちゃりヒーローのクリムゾンボルト
めちゃくちゃ殴るから殺すつもりでやってるのかと思ったのに、輪をかけてめちゃくちゃなボルティー(うるさい)にヒーローは殺さない!って諭したりしてなんだか矛盾…でもいいです
やろうと思ったら血まみれになるもんです

ガン監督なのでお馴染みの面々が…若いルーカーさん可愛いすき
ボスの女に優しい…好きなのかな…ちょっとジェラシーw
Taku

Takuの感想・評価

4.1
妻をドラッグディーラーに奪われ絶望していた中年男がテレビのヒーロー番組に感化され(宗教チックに)、お手製コスチュームを身にまとい自警活動を始めていくブラックコメディ。まず冒頭のオープニングアニメから一気に引き込まれました。MCU映画のエンドロールで流れそうなポップでカラフルな絵柄のアニメーションで主人公の"ヒーロー"が悪人を倒していくのですが、人が潰されて肉片や骨になったりと起きていることは結構エグい。このオープニングだけでも映画全体をよく表していると感じました。
「ヒーローが悪を倒してめでたし」という展開のコミックや映画。でも現実は?ヒーローコミックのコマとコマの現実をこれでもかと見せられると同時に、ヒーロー活動を通して人生における"完璧な瞬間"を手に入れる主人公を暖かく見守っている。何を幸せと感じるかは自分にしか分からない。"完璧な瞬間"というコマとコマの間には客観的に見れば決して褒められない現実があるかもしれないが、本人にとっては十分幸せなんだと。
監督は「ガーディアンズ〜」でお馴染みのジェームズガン。監督らしいブラックユーモア満載で面白いです。キャストで言えば皆んな素晴らしいですが特にエレンペイジの怪演。あそこまで狂気に満ちた女性サイドキックは中々いない。ケヴィンベーコンは相変わらず良いです(部下はマイケルルーカー)。
パッケージのおバカコメディ的な面はある映画ですがそれよりも、ひたすら自分の"善"を信じて突き進む主人公を通して幸せや正義、人生について考えさせられ、また宗教映画的な楽しみ方も出来る傑作だと感じました。
最初はコメディとして描かれ、
プロットはキックアスと似てると
思いながら鑑賞。
ある出来事が起こってしまってから
映画が思わぬ方向に…


ハイライトよりもコミックの間に
幸せを見つけることが本当の幸せだろう。
KMD

KMDの感想・評価

3.5
再鑑賞。公開当時キック・アスの中年Ver.だと思って、エレン・ペイジ出てたから観ようと思ったくらいの記憶。今観るとジェームズ・ガン印が凄い、そしてグロいね。
○ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーで有名なジェームズ・ガンによる、気弱で冴えない男の心に関してのキツめのジョーク付きの寓話。主演のレイン・ウィルソンの目付きがとても良い。

○アホでマヌケでブラックで暴力的。グロと下ネタと趣味の悪いジョークの隙間に、とても生々しくも真摯な想いが垣間見え胸を打つ。…かどうかはマジで人によるが私には大いに刺さった。エグい描写も、頭おかしい位軽妙なノリで突き進むので観ていて辛くはない、はず。

○あんなにダサかった赤いイカれコスプレ野郎が終盤すごく格好良い。だが彼はヒーローなのか?やっていることは、やってしまったことは何だ?馬鹿騒ぎの果ての犠牲、そして得たものとは?…やっぱり全然格好良くなんてない。ならば私は何に惹かれたのだろう。

○『バッファロー'66』や『タクシードライバー』が好きな人には合うかも。『キック・アス』とは毛色が違うと思う。
orca

orcaの感想・評価

-
なかなか強烈な映画 ラストは驚いた
>|