Arika

ボルベール <帰郷>のArikaのネタバレレビュー・内容・結末

ボルベール <帰郷>(2006年製作の映画)
3.6

このレビューはネタバレを含みます

これ死んでませんでした❗️
って、言われてからも
ちょっと疑ってしまった。。
え?また、また、また〜そんなジョーク
言って〜\(^-^ )。。。。
え!?マジで!?生きてたのん!?(笑)

しかし
「殺されるには
殺されるだけの
理由があるから
殺される」(映画シカゴより)

な映画でしたね。。
殺して埋めても
殺して焼いても
バレないバレない

つまらん男やったから
まぁそれでもいいでしょう(笑)(コラ)
女性の、心はそれ程
傷付いたという事ですよ。

女性は、女性によって
守られて、分かち合えるのかも
しれないな。。
お母さんと、おばあちゃん
大切にしよう。。