哥(うた)の作品情報・感想・評価・動画配信

「哥(うた)」に投稿された感想・評価

Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

5.0
‪「哥」‬
‪冒頭、丹波篠山の山あいに豪荘な邸宅。鳥の囀り、河の流れ、森山家の山林、旧家、三人の息子、常闇の中一筋の光、財産分配、愛欲、守護神、谷底での炎上…本作は無常、曼陀羅に続き実相寺昭雄がATGに遺した傑作で我々民族の精神構造を追求した完結編とも言える本作は前前作から田村亮、前作からの岸田森、今回の主役である淳演じる篠田三郎が顔を合わせる。相変わらずの移動撮影や前進撮影、細かなカット、クローズアップ等、彼の特徴が炸裂。前作とは違い無常同様に全編モノクロに戻る。無常同様に旧家を舞台に討論、討議する。そして無常、曼陀羅同様に秒針の音が際立つ。にしても一々綺麗かつ格好いいカット割が凄い。それに篠田三郎の若い時って本当男前でビビる…ウルトラマンシリーズもそうだが本作の白黒に映る彼は素敵だ。それと実相寺は岸田を捉える画が素晴らしいんよ。好きなシーンでは墓の文字を写す淳と内田良平演じる正体不明の僧との会話と山林の原風景の捉え方。なんと言っても本作の最大の魅力は和のテイストが豊富に映される中、ヴィヴァルディの四季/冬が迫り来るだが、それが半分ホラーの様な緊張、恐怖、緊迫感の三拍子で観ていて、これが本作の水準の高さの要因なんだろうなと思う。監督自体クラシックが大好きと公言してるし…それと役者の顔を半分切り落とす画面構造や下半身のみ、上半身のみ、鼻から上のみの撮影が印象的かつ淳の聡明な人柄が良いのと冬/第二章ラルゴが流れる中の性行為場面は美しい…また本作に出て来る女優がエロい。八並、桜井しかり何て言うか肉付きや既に濡れてるエロスさを感じる。和田役の田村亮が眼鏡をかけてるせいか面影が薄く少し残念…消息を絶っていた次男の徹が夜回りの淳に暴力を振るい彼に明日から飯を食うなと約束させ、衰弱させる。それに女を強姦と最低な男の描写が続く。そして物語が一時間五十分を過ぎた頃、徹と長男の康に淳が森林を売るのをやめてくれと願うシーンで彼が徹に何故自殺しないんですかと問う瞬間にヴィヴァルディが流れ途端にカメラは徹と康をアップするんだが、そん時の康演じる岸田森の表情ったら半端なく怖くかっこよくこの一瞬だけでこの映画の虜になる。そこからラストまで突っ走り四季の春/第一章が微かに流れ石階段を這う様に登る淳の姿と◯◯の帰結に衝撃とシビれる映像美に完膚なきまでヤラレタ自分がいた。物語は旧家の当主の三人の息子、内三男の淳は女中の隠し子で書生見習として住み込む。彼は決められた時間のみ働き夜間は必ず旧家を守るべく見回る。また康の家にはもう一人青年の和田ががいる。彼は女中の藤野との情事に溺れ、それを目撃した康の妻、夏子は淳を強引に誘い営みをする。そして次男の徹が森山家の財産を抵当に暮らし始める。徹は徐々に淳の存在を疎ましく思い虐待し始め、飯を食うなと命令しそれに従う淳は見る見る内に衰弱する。山林を売る話を聞き付けた淳はあの山こそは滅びゆく日本の象徴なのだと訴えるか耳を貸さない康と徹…そして悲劇が起きる。本作は前作二作より分かりやすく面白みと芸術があり非常に評価できる。本家本元の子では無く、隠し子の子が必死に家を守る設定が守護神(三男 淳)の滅びと同化した点はあーなるほどなと思わされた。‬ ‪不可解なのが本作には淳がラストに車の前に急に飛び出し谷底へ落下する解説があるのだが尺長版を観ても無い…何処で観れるのか?気になる…‬。
AS

ASの感想・評価

4.0
2017.2.13
atsuman

atsumanの感想・評価

4.2
ATGでヴィヴァルディ流されたら僕はもうだめです。
5時を過ぎたら働きたくありません。
glee8991

glee8991の感想・評価

3.8
記録

篠田三郎の演技に圧巻。
白黒で男女の絡みははじめて見た
や

やの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

・篠田三郎の造形ってどうしてこんなに完璧なんですか……。って散々思わせておいて白目剥かせて終わりなんて……すごい。

・岸田森が怪し素敵かっこいい。「何故自殺しはらへん」の後の表情とんでもない。シンスタグラムはよ。

・物質と精神の争い、だと思ってる人と、物質と精神は相互に働きかけあってると思ってる人との争い、だと思っておく。もうちょっと年取ってからまた観たい。映画館でやってもらえないだろうか。
素晴らしいカットの連続
カメラ寄りすぎ、引きすぎ、暗すぎ、動きすぎ、で、狭すぎ、上に詰まりすぎ、それがかっこいい

実相寺監督の撮る岸田森さん最高に好き
篠田三郎の演技ものすごい
アスペルガーっぽい篠田三郎が餓死する(させられる)のはもはやブラックジョーク。心配はしてみたものの、彼の頑なな態度に呆れ嘲笑する徹や康たちの残酷さ

「家」への信仰を保つ篠田=淳と、それを蔑ろにする俗物そのものの森山家の住人とが対立する。が、どちらも虚しい

『無常』から受け継がれた共通点が多数。ただ倫理への強烈な挑戦があった同作に比べるとインパクトは薄いかも

ガリガリの桜井浩子。不能の岸田森がカッコ悪い笑
三部作の中では1番地味な印象。
主人公のキャラクターは好きだが全体的に画面が暗く印象的なカットも少なくあまりハマらなかった。

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たいと思っていた作品の一つ
ようやく鑑賞する事が出来、感極まる思い。
母親の言葉に忠実に従い続ける
ひたむきな青年の実直さ。
懐中電灯でガラス越しに映し出される4人の顔が息をのむほど恐ろしい。
「曼荼羅」よりも私はこちらの作品の方が好みです。
>|