王様のためのホログラムの作品情報・感想・評価

王様のためのホログラム2016年製作の映画)

A Hologram for the King

上映日:2017年02月10日

製作国:

上映時間:98分

3.0

あらすじ

立派な車もステキな家も美しい妻も、煙のように消えてしまった。すべてを失くした男の名はアラン。大手自転車メーカーの取締役だったが、業績悪化の責任を問われ解任されたのだ。愛する娘の養育費を払うためにIT業界に転職し、一発逆転をかけて地球の裏側、はるばるサウジアラビアの国王に最先端の映像装置〈3Dホログラム〉を売りに行く。ところが砂漠に到着すると、オフィスはただのボロテントでエアコンもなく、Wi-Fi…

立派な車もステキな家も美しい妻も、煙のように消えてしまった。すべてを失くした男の名はアラン。大手自転車メーカーの取締役だったが、業績悪化の責任を問われ解任されたのだ。愛する娘の養育費を払うためにIT業界に転職し、一発逆転をかけて地球の裏側、はるばるサウジアラビアの国王に最先端の映像装置〈3Dホログラム〉を売りに行く。ところが砂漠に到着すると、オフィスはただのボロテントでエアコンもなく、Wi-Fiもつながらなければランチを食べる店さえない。抗議したくても担当者はいつも不在(居留守かも?)、プレゼン相手の国王がいつ現れるのかもわからない。上司からはプレッシャーをかけられ、ついには体も悲鳴をあげる。追いつめられたアランを助けてくれたのは、予想もしない人物だった──。

「王様のためのホログラム」に投稿された感想・評価

椅子運のないトム・ハンクス
mami

mamiの感想・評価

-
トムハンクスなのに、、残念すぎる
仕事もプライベートも偶然の要素が大きいので満足感は少ない。
テーマを離れてサウジアラビアでの異文化交流という視点で見れば興味深い。
悪くはないんだが、印象には一切残らない作品。
家も車も無くなって、娘の養育費も払えないのはわかるけど、あまり困窮さが伝わってこない。
ストーリーもやや大袈裟で、大したことをしてないような。
Taul

Taulの感想・評価

2.0
『王様のためのホログラム』
原作未読。サウジに商用で来た後のない中年男。全体に映画的なパンチには乏しいが教訓めいた展開だ。米社会を体現するトム・ハンクスの疲れ具合。非常にタイムリーで彼がイスラム文化と交流するこの役をやったことにメッセージを感じる。ユーモラスな困り顔を堪能。
ニーア

ニーアの感想・評価

2.0
微妙。なんでホログラムって邦題に入れたのか
リコ

リコの感想・評価

2.8
もっとビジネスの話メインなお話かと思っていたので、観終わった後なんだか消化不良に。
悪くはないけれど、恋愛としても、ヒューマンドラマとしてもどっちつかずな感じ。

サウジアラビアの文化や景色は観ていて興味深く楽しかったので、それがみれたのは良かった。
jun

junの感想・評価

2.5
2017/11/17
>|