王様のためのホログラムの作品情報・感想・評価

王様のためのホログラム2016年製作の映画)

A Hologram for the King

上映日:2017年02月10日

製作国:

上映時間:98分

3.0

あらすじ

立派な車もステキな家も美しい妻も、煙のように消えてしまった。すべてを失くした男の名はアラン。大手自転車メーカーの取締役だったが、業績悪化の責任を問われ解任されたのだ。愛する娘の養育費を払うためにIT業界に転職し、一発逆転をかけて地球の裏側、はるばるサウジアラビアの国王に最先端の映像装置〈3Dホログラム〉を売りに行く。ところが砂漠に到着すると、オフィスはただのボロテントでエアコンもなく、Wi-Fi…

立派な車もステキな家も美しい妻も、煙のように消えてしまった。すべてを失くした男の名はアラン。大手自転車メーカーの取締役だったが、業績悪化の責任を問われ解任されたのだ。愛する娘の養育費を払うためにIT業界に転職し、一発逆転をかけて地球の裏側、はるばるサウジアラビアの国王に最先端の映像装置〈3Dホログラム〉を売りに行く。ところが砂漠に到着すると、オフィスはただのボロテントでエアコンもなく、Wi-Fiもつながらなければランチを食べる店さえない。抗議したくても担当者はいつも不在(居留守かも?)、プレゼン相手の国王がいつ現れるのかもわからない。上司からはプレッシャーをかけられ、ついには体も悲鳴をあげる。追いつめられたアランを助けてくれたのは、予想もしない人物だった──。

「王様のためのホログラム」に投稿された感想・評価

SUPPAMAN

SUPPAMANの感想・評価

3.0
思ったよりも普通。な感想。
んーむ、、、、といった感じ。(笑)
はま

はまの感想・評価

2.8
可もなく、不可もなくという出来を目指して作った挙げ句、スカって感じ。
tomo

tomoの感想・評価

3.5
評価は低いですが私は見終わった後、心のとても深いところでなにかを感じた気がしました。でもなんか"王様のためのホログラム"っていうタイトルにあまりピンときませんでした。

トム・ハンクス演じるアランはさえない営業マンだ。以前の会社では取締役だったが事業に失敗し現在の会社にはコネで採用された。妻とは離婚、娘の大学費用も払うことが出来ない状態である。
そして突然サウジアラビアの王様にホログラムを売り込み契約を取りに行くよう言われる……



いわゆるアランは"ミッドライフ クライシス"と言えるのではないだろうか。アランにしてみればプライベートも仕事もなにもかも上手くいかない、人生どん詰まり状態。活力も自信も失い、生き方も見失っている。上司からのプレッシャーもすごい。言葉も文化も全然違う不慣れな土地でただでさえ不安にもなるのに。そしてそんな中体調も崩してしまう。



でも人生に時々現れる厄介な迷路に出口はあるのだ。誰かとの出逢いをキッカケになにか変わることもある。物事の見え方は自分の気持ち次第だったりもする。アランはサウジアラビアで新しくスタートをきることができた。それは環境が変わったことや良い出逢いがあったおかげだけではないだろう。彼自身が奮起したからだ。



この作品はトム・ハンクスが演じて正解だったと思う。彼ってやっぱり愛されキャラ?俳優って感じ。哀愁漂うようなさえないオッサン役でもどこかキュートさがある気がする(笑)
かわこ

かわこの感想・評価

3.0
思ってたのと違ったけど
トムハンクスが演じると意味を持つ
気がする

おとなの映画
masa

masaの感想・評価

2.4
実話を基にして、制作された映画。

期待してたけど、「結局……?」

っていうのが、個人的なオチ(笑)

背中にあるコブがきっかけで
まさか発展するとは思わなかった。

一から新しい時代をつくる人間たちの、心の葛藤を強く感じることができた。

近未来計画が現実になろうとしている?

でも、あまりにも非日常的すぎて共感できる箇所は少なかったような…
Mae

Maeの感想・評価

2.9
期待していた分、うーんという感じだが、
ところどころ笑ってしまう部分もあり
もう一度観たらまた感想は変わるのかなと思う。
smee

smeeの感想・評価

3.0
トムハンクスファンとしては残念。最近、脚本読む力が衰えてる??なぜこの映画に出演しようと思ったのかなあ。
大手自転車メーカーの取締役だったアランは、業績悪化の責任を問われて会社を解任され、全てを失う。
娘の養育費を払うためにIT業界に転職し、一発逆転をかけてサウジアラビアの国王に3Dホログラムを売りに行くが、到着した現地のオフィスは砂漠に立てられたテントで、Wi-Fiもつながらない。
さらにプレゼン相手の国王にはいつ会えるのかもわからず、途方に暮れていた。


ジャケットとストーリー的に苦手そうな映画だったが、トムハンクス、ベンウィショーときたので鑑賞することに。
悪い意味で裏切られた気分ですね、
思ってた内容と違うとかそんな話じゃなく、脚本がああもうつまらない。
ビジネス成功したら現地の女ともうまくいって、結局あんたの人生誰かに手差し伸べられて、いいとこだけ持っていくような苦労しない人間かよ。って感想だけが残った。

ベンウィショーいつ出てくるのかと思いきや、ほんの一瞬すぎて脇役すぎにも程がある。それでもベン様かっこよかった。

トムハンクス、わざわざサウジアラビアまで撮影に行った意味があったのだろうか?
この役のどこに惹かれて引き受けたのだろう?
愛こそすべて
>|