あさの

ふたりのあさののレビュー・感想・評価

ふたり(1991年製作の映画)
4.0
大林宣彦という稀代の男性映像作家が“少女を撮る”という能力を爆発させて究極の少女映画を撮り上げてしまった、そんな不思議な作品です。
センス・オブ・ワンダーな大林監督の美声も必聴です。

赤川次郎ファンはもちろん、坂道が好きな人にも激しくオススメします。