どーもキューブ

乾いた花のどーもキューブのレビュー・感想・評価

乾いた花(1964年製作の映画)
3.9
篠田監督の 白黒に咲く乾いた花


石原慎太郎原作、篠田正浩脚本監督。

松竹時代の篠田監督、松竹ヌーヴェルバーグとして大島渚とともに活躍された。1963年の作品。

フィルムノワールの匂いが独特な印象を与える作品。

素晴らしいウルトラ可愛い加賀まりこ。

やる気のないヤクザ物の池部了。

危ない橋をわたる藤木孝。

三人の乾いたトライアングルな物語。

後「昭和残侠伝」シリーズでヤクザになる池部のイメチェン演技、格好いい!

本作の一輪の花、ふしぎな魅力の加賀様は必見!

乾いた青春物語にもみえる。

やはりその一躍をになう武満徹の音楽の素晴らしさ!

2009年3月19日 レビュー

追記
篠田監督初期です。ビデオ鑑賞、後期は、頭でっかちそうな社会派作品や歴史娯楽を撮る篠田監督。

松竹ヌーヴェルバーグ時代の私が大好きな素敵ノワール。

加賀まりこの天使のような魅力。本当必見。

そして冷静なアウトロー池部さん、本作から東映任侠路線に転じたと思う。ニヒルさ。

乾いたはなのような、ドライなラブ関係。

篠田作品で一番ドライで見えます。
2、3回見てます、ソフトも欲しい。