mato

みなさん、さようならのmatoのネタバレレビュー・内容・結末

みなさん、さようなら(2012年製作の映画)
3.1

このレビューはネタバレを含みます

団地をこよなく愛する悟は、生涯を団地で過ごすことを誓う。


コメディ路線かと思いきや、次第に話がシリアスに転換していったのは驚きだった。
数字の差が随時語る転居していくクラスメート、斜陽化していく団地、悪化する治安、どんどん気持ちは重くなる。さらに、出られない理由が結構リアルなもので、単なるコメディに終わらせない意気込みを感じた。

ただ、惜しいラスト。あんなに団地を出ることを躊躇してたのに何事もなく階段を降りてしまったのは肩透かしだ。葛藤するシーンぐらいは見たかったよ。