3人のゴーストの作品情報・感想・評価

「3人のゴースト」に投稿された感想・評価

みん

みんの感想・評価

3.4
ビル・マーレイ主演の現代版クリスマス・キャロル

ストーリーは原作に忠実だけれど、コメディ感が強くて面白かった

クリスマス・キャロルはゴースト3人のビジュアルが映画によって全然違うのが楽しい。
勝五郎

勝五郎の感想・評価

2.5
クリスマスシーズンはどうしてもクリスマス映画を観てしまう。

この作品も引っかかってはいたけれど今までなんとなく観てなかった作品です。

昭和47年、中学1年の時に読んだ、もう変色してぼろぼろに近くなった新潮文庫「クリスマス・カロル」。
今でも(今年も)引っ張り出しては読み返している一冊で、恐らく私のクリスマス好きはこの本に出会った事も大きな要因の一つである事は間違いないのであります。

だから…「クリスマス・キャロル」の映画は観ないできたのかもしれないなぁ…

ビル・マーレイ主演。

アメリカのクリスマス映画ですねぇ。
嫌いじゃないけど…まぁそんなところです。

ディヴィッド・ヨハンセン(笑)
ロバート・ミッチャム(笑)
えとお

えとおの感想・評価

3.6
未来のゴーストのあとの改心がクレイジーすぎて笑った。
元ネタのクリスマスキャロルを観てたら、もっと楽しめた気がする。
現代風にアレンジされたクリスマスキャロル。作られた80年代の雰囲気にコメディなノリもあって軽く観られた。

ビル・マーレイはこの作品で改心せず、恋はデジャ・ブでも痛い目に遭いながら素直にはならず、結局ヴィンセントになるのか。
毎日がクリスマスですよね〜🎄

この作品でもクリスマススピリッツを
感じました〜(o^^o)

ちょいちょいホラーだわ😱
リアルに会ったら
普通に怖いゴーストだった

でも
過去や未来に連れてってくれるなら
会ってみたい
そこは頑張るよオレ(笑)


ビル・マーレイは
『恋はデジャヴ』の主人公のように
頭カッチカチな役でした👍🏻✨
こういう役を見事に演じちゃうのが
さすがだな〜て思った😁
RIN

RINの感想・評価

-
忘れちゃったけど、とても良い
過去、現在、未来のクリスマスをゴーストに見せられた主人公が、心を改める話。

主人公が変わるのに一番影響したのは、自分が火葬される未来の場面を見せられたからという、なんとも物足りない追い討ち。

でも、クリスマスをどう過ごそうかと考えさせられる、クリスマス前に観ておきたい良い映画だった。
琉太

琉太の感想・評価

3.7
軽快なコメディ
余り考えずに頭を空っぽにして観る映画
クリスマスに見たい映画
時代を変え姿を変え、何度も繰り返し描かれる『クリスマス・キャロル』 それだけ普遍的な主題をもった名作なんだなぁ。
すれ違うだけの人のバックボーンは知らないし知ろうともしないから、つらく当たっても罪悪感を感じない。でもそれぞれに家族や思い出があって、それを知るともはや無関心ではいられない。
思いやりを持てるかどうかは、他人の心情や背景に対する想像力にかかっている。自身の行く末についてもね。
>|