12人の優しい日本人の作品情報・感想・評価

「12人の優しい日本人」に投稿された感想・評価

面白かった!!!
この映画の当時の日本では、裁判員制度がまだ施行されていないわけだが、その前提で、「もし日本でも裁判員制度が導入されたら」という設定。
「十二人の怒れる男」という映画を受けての作品らしいので、その映画を見たらまた違った感想になるのかも。
とりあえず、タイトルの通り、日本人は優しい。特に美人にめっぽう弱い。これは世界共通なのか、やはり外見は大事。そして、「疑わしきは罰せず」の論理や、「空気」を重んじる。
判決を出さないと帰れない、というつまり密室からの脱出劇の要素と、「正義と悪を自分達が選ぶ」という人間の感情の本質が交わることでこんなにも面白くなるんだと驚く。
そして、でも、「日本人」という括りではあるが、結局は「個人の集合」でしかなく、善悪の価値観も、何を優先するかもバラバラ。それでも一つのゴールを目指さないといけない。その心理戦も、描写もシンプルだが複雑、という非常にパラドクスに満ちていて、三谷幸喜の上手さを堪能してしまった。
ちょうどの面白さだと思います。
Greencurry

Greencurryの感想・評価

3.6
おもしろかった。が冒頭話がつかめてから、さあどう終わるんですか?納得する終わり方なくない?と思ってたけどやっぱり。
メガネ君は納得してないよ、他の人も納得の仕方が謎な方が。。。映画を終わらせるための納得の方がいたね。。。
ていうか、納得する終わり方はないぞってことではあるよね。
優しいは皮肉だ。
彼らも納得しないし、映画を観てる我々も納得しない。

人間が12人いた。
12人の知らない他人がそれぞれに意見を持っててそれをなにか全員が心の底から納得して一つの意見にすることなんて無理。
だから時間の制約であったり多数決っていう方法がある。
わかりあえないんだよおおお。


今でもドラマとかで見かける人がみんな出てる笑
豊川悦司がかっこいいなこれ。スタイルよ。


ただきになる点はある。
この世界では陪審員制度がすでにあって塩見三省は昔それでさばいたことあるって言ったよね?

なのにおばさんの証言とかトラック運転手とかの捜査が中途半端すぎないか?
警察が無能すぎないか?

制作費バカ安だろうな
HarunaMa

HarunaMaの感想・評価

2.9
密室系映画、序盤は少し鬱憤が溜まった。

コメディとして割り切れば楽しい。

オチに見覚えがあって残念。十人十色な理由にこだわってほしかった。
umi

umiの感想・評価

5.0

三谷幸喜で一番好きなのラヂオの時間で、二番目がこれかマジックアワーか有頂天ホテル…って全然選べてない(笑)

いつもながらオープニングが長いんですけどほんと笑う。懐かしいな…
れん

れんの感想・評価

4.1
序盤つまんないけど後半めっちゃおもしろい
若いころの豊川悦司かっこよすぎる
部屋で会話してるだけなのに、飽きず、面白い
みむ

みむの感想・評価

4.0
ひたすら密室で人が議論してるだけやのにめちゃめちゃおもろい。
陪審員制度って欠陥だらけやん大丈夫か、と思ってまう。笑
ほんで豊悦がかっこよすぎる。笑
ぐっち

ぐっちの感想・評価

4.2
密室劇の秀作
こう言っては何だが、物凄い低予算で作れる映画だよね。

しかし内容は濃い〜な。

ひたすら会話劇が続く中で良く飽きさせずに引き込めるよ。

最後のどんでん返しも好き。
blackitsy

blackitsyの感想・評価

3.5
ジンジャエール!!
>|