有酸素

ストーカーの有酸素のレビュー・感想・評価

ストーカー(1979年製作の映画)
4.0
特殊な装置や効果を用いずに表現されるタルコフスキー監督のSF映画。
"ゾーン"なる場所として撮影されたロケーションからは只ならぬものを感じて鳥肌がたった。
第三者の存在を感じる要素が多かった。
・俯瞰しながら移動する構図。
・語り手がカメラに視線を配る。
・窓や扉の向こうから登場人物を捉える
・登場していない誰かの声がする
この世界での"ゾーン"は神に近い存在のような気がする。裁きを下す場所。武器をも無効にしてしまう浄化作用。