ryac

トウキョウソナタのryacのネタバレレビュー・内容・結末

トウキョウソナタ(2008年製作の映画)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

すさまじい……さすが黒澤清。
身の毛がよだつほどの嫌な奴を見事に演じ切った香川照之、心身ともに削られている様を全身で表現した小泉今日子をはじめ、役者陣の熱演がものすごい。

ホームドラマでありながらホラー映画の文脈を感じられるような構成だと思った。タイトルにトウキョウとあるにも関わらず舞台は都会的でなくどこか静かで閉鎖的な印象を与え、母親、父親、息子の三人の視点からそれぞれ同じカットが挿入されたり、米軍に入ったっきり戻ってこなくなる長男の描写だったり、後半に登場する役所広司の『強盗』と母親のコントに近いような珍妙なやりとりだったり、生々しい題材ながらもどこか幻想的な雰囲気が漂う。

この物語は「再起動」の話なんだと思う。閉鎖的な空間でめちゃくちゃになって壊れてしまった家族が、いったん離ればなれになって再び元に戻ることで不具合が解消される話。エンディングの「月の光」が身に染みる。

個人的な解釈として、『強盗』は実在せず、追い詰められた母親の見ていた幻覚だと思うんですがどうでしょう。違う色のオープンカーが出てくるシーンもあったし。