座頭市の作品情報・感想・評価

「座頭市」に投稿された感想・評価

風神

風神の感想・評価

3.2
ゲタップ。

面白いし、良くできています。
たけしさんの金髪も
そんなに気にならない。

勝新太郎さんレベルを期待した
訳ではないのですが
たけしさんらしさが薄い気がする。

まぁ北野クレジット作品ではなく
ビートたけし作品ですが。
桂木

桂木の感想・評価

-
音楽的なシーンはおもしろいけど回想とか説明台詞が多い
雨の中田んぼでタップのシーンゾクゾクする
shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.3
まあまあ普通
鬼才・北野武⑨
勝新太郎が観たらどんな感想になったろうか...。そんな銀獅子賞受賞作。

やくざの銀蔵一家に支配されている宿場町。そこへ盲目の剣客である市、仇を探す芸者の姉妹、脱藩した浪人、彼らは異なる理由で集うが...というストーリー。


目を閉じた方が相手の心を読めるが、目を開けても見えない事もある。
北野武による座頭市のリメイクは型破りのエンタメ時代劇。殺陣をここまで芸術的に描けるのは彼だけ!兎に角素早ければ斬り方にCGならではの斬新さもあり。アクションをこなせるたけし凄い。

が、しかし、いつもの北野映画を期待してはいけない。かなり娯楽性が濃いのでそこに少し違和感を感じた節が少し...ほんとにザ・エンタメ!な内容なんで芸術性の高さを求めるとマジで期待外れの一本に。それでも楽しめる映画なのは間違いない。

もしや、いつもの作家性から抜け出ようとしてるのではないのかな〜なんて思える箇所も結構見え隠れしてましたね。千葉真一から海外ウケ狙いが露骨とか言われちゃってるしな...いや面白いからこれで十分なんですけどね。

北野映画の中でも台詞量は多い方にも関わらず、説明台詞が一切無い!これ凄いポイント!普通なら台詞量が多いと必ず説明的なものになりがちですが、今作はそれが一切無し。アウトレイジでも健在だったのは、やはり今作でこれを確立出来たからってのが大きいんだろうなぁ〜...説明台詞無しなので一切退屈せずでありました。

あとタップダンスが見もの。時代劇だとあまり観ない要素なんで良くも悪くもびっくり。
監督作にしては
すんごい平凡でベタなストーリー。
だから誰にでも見せられるっていう
点はあるけど。
変なの期待したので肩すかし。
あんなダンスシーンならいらないんじゃないの?
色々あったが最後のタップダンスで飯が何杯も食えた。
タップダンスの教室が近所にありません。もどかしい。
F映IL画M

F映IL画Mの感想・評価

4.7
コメディーにアクション、ミュージカルまでエンターテイメントに富んだ豪華な作品。

エンディングのタップダンスのシーンがずっと観たくて、念願のレンタル。

初の座頭市作品で、北野武作品の一本目。

こういった映画作りたいな。
>|