なつみかん

タクシードライバーのなつみかんのレビュー・感想・評価

タクシードライバー(1976年製作の映画)
3.3
ベトナム戦争の弊害を帰還兵トラヴィスにフォーカスを当てて描いている作品

最終的にはヒーロー的扱いを受けたトラヴィスだが、逆に彼の狂気の根本の問題を見逃す結果となったのではないだろうか?帰還兵の喪失感からくる狂気とか
いくら腐った人を殺したといえども彼の殺人を承認した社会も問題ではなかろうか?
色々な解釈の仕方があると思うけど私はそう思いました
ベトナム戦争に負けた当時のアメリカの問題を浮き彫りにする作品