RM

タクシードライバーのRMのレビュー・感想・評価

タクシードライバー(1976年製作の映画)
3.2
【狂気】【雄姿】
何編にもなっているように思える色んな人間性を持ったトラヴィスの心はどうなってるの?

冷たい夜のNYの街を流れるように走るタクシーに乗って腐敗しきった街を見ていたらそりゃあんな狂気じみた性になるだろうな

拳をガスコンロの火にかざして腕の筋肉を鍛えるシーンや、独り言を言いながら銃を仕込むシーンは印象的でアブなさがなんだか快感、、

元アメリカ大統領(ロナルド・レーガン)狙撃事件で、犯人の男に「ジョディの為にやった」と言わしめた問題作でもあるらしい。当時の若者に物凄い影響を与えた作品のようです。
トラヴィスのような狂気を持った人がレーガン大統領を殺害したの?!その犯人の話も映画化して!面白そう、だってトラヴィスは殺せなかったから。

撮り方も面白い、かなり当時影響を与えたらしい。パロディ多い理由も分かる。

サウンドトラックはバーナード・ハーマンによるもの。序盤から度々流れ、アイリスの部屋でスポーツが針を落として流すレコードの曲もそれ。美しいし、曲によってそのシーンのイメージが色づく感じ、ありませんか、
曲ダウンロードしよう。

ベツィっていう名前、いいなぁ可愛いなってのが一番最初の印象で、少し悔しい。

見終わった後にじわじわくる良さ。