チーズマン

タクシードライバーのチーズマンのレビュー・感想・評価

タクシードライバー(1976年製作の映画)
4.3
何回か観てると、トラヴィスが最初にナレーションのような独り言を心の中でずっと喋ってるとこからもうなんか泣けちゃって。都会の喧騒の中で話せる相手が自分の心の中だけってのは辛いだろうな。
映画全体からどうしようもなく孤独を感じた。
それと同時に、音楽や映像やニューヨークの街の切り取り方、そしてトラヴィスのスリリングな存在感も全部含めてとにかくかっこよくて孤独なことに酔わせてくれるところがこの映画の魅力だと思った。
ただ、悪酔いすると大変厄介なことになる面もあると思う。

あと70年代のまだ危ない匂いのするニューヨークへの憧れも、どこかあるだろうな〜。夜の感じとか。