kirito

タクシードライバーのkiritoのレビュー・感想・評価

タクシードライバー(1976年製作の映画)
3.2
【ロバートデニーロのイメージは決して優しいおじいちゃんというわけではないことをわかってほしい!という人はきっとこのアプリには多いと思うという心の叫びが聞こえるよ】


〈scoop〉
ロバートデニーロがアンハサウェイのとこにインターンに行くそれよりはるか遠く昔のこと、彼はなんと選挙事務所の女性を口説き、暴走する時代があったのだ( ゚д゚)


マイインターンやラストベガスなど、今でこそ優しくてほんわかおじいちゃんの印象がすっかり定着しつつあるデニーロ様。


マンインターンをみて
『きゃー\(//∇//)\デニーロ様素敵♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪』
という黄色い悲鳴をあげた人も多いはず!
(なお、私は観てない模様)


しかし、映画通の人にしてみれば、いやいやちょっと待て!と物を申したい人が多いはず。


最近のオフ会では専らこの話が持ち上がることが多い。

A『ロバートデニーロは優しい爺ちゃんじゃなくてマフィアだからっ!』
B『やっぱり至高はゴッドファーザー2だよ。』
C『タクシードライバーのデニーロがクソかっこいい。』


そんなファンたちをも唸らせる、言わずもがなの常識人!作品がこちら。
『タクシードライバー』である。



ロバートデニーロが若い!
そして、青ヒゲがこい( ゚д゚)
若くてギラギラした彼の姿がそこにはあった。


タクシードライバーとして働く彼の一時の暴走を描く作品である。


今作のデニーロはハンカチを持ってるかどうかはわからないが(多分持ってない)、初デートに女の子をポルノ映画に連れて行くヘムタイぶりだ!
ぐぬぬ。これは真似できない。
このアプリ内にはヘムタイさんが沢山いるが、きっと彼ほど壊れてる人は少ないに違いない。


なぜ、彼は一時的に暴走に走るのか、その為に入念な準備をするのかは是非劇中で確かめてほしい。
そういう映画だ。


彼の何かに取り憑かれたようなあの演技はやはり多くの人を魅了したのだ……


と、偉そうに書いたが、私は傑作だな!とまではいかなかった。残念(´・_・`)
どちらかというと、ゴッドファーザー2が至高派です!


そして、
タクシードライバーはそこまでだったと言ったら怖い怖いお兄さんたちに怒られましたが、合わないものは合わないのだ( ̄ー ̄)

仕方がないのだ♪(´ε` )


しかし、どんな映画も観てみないことには評価ができない。
まだの方は是非彼の厨二ワールドを体験してみましょうze*\(^o^)/*

(まとめ)
ロバートデニーロはやはりギラギラしている男だった。

ていうか、スコセッシ監督作品もこれが初めてだったわw
近日中にウルフオブ〜みます(^ ^)

2015.12.26