タクシードライバーの作品情報・感想・評価

タクシードライバー1976年製作の映画)

TAXI DRIVER

製作国:

上映時間:114分

3.8

「タクシードライバー」に投稿された感想・評価

め将

め将の感想・評価

4.1
これがあのロバートデニーロの若い頃か!と知って驚き。
ストーリーの脈略としてははっきりしない感じだったけれど、ラストシーンが衝撃的だった。トラヴィスやアイリスのキャラクターも好き。
ず

ずの感想・評価

3.9
70年代アメリカンニューシネマの傑作としてよく聞く。個人的にははじめてのスコセッシ×デニーロ。観た直後は「トラヴィス、正義感に酔ったんかな〜」と思ったけど、これを狂気と捉えるか正義と捉えるかはどうやらぱっくり割れるらしい。厭世観とそれに対する焦りと、残念ながら少し刹那的な感じ。そして映画よりも圧倒的に奇な現実。
kyooo

kyoooの感想・評価

3.0
70年代の退廃的なムードの中、狂気と孤独と希望の丁度ド真ん中をデニーロが演じ切ってる。演技も凄いが、カメラワークや音楽も一体感があり、スーッと入ってスーッと終われた作品。きっと主人公は自分の正義を知らしめることができれば誰でも良かったんだね。そして一仕事終えた彼には、無垢で優等生な彼女はあまりに子供だったんだろうな
大都会の中で孤独とか虚無を感じるっていうありきたりな感じからよくあそこまで狂えるなと思った
iio6o6

iio6o6の感想・評価

3.8
中二病のおっさんを世界で初めて描いた映画笑。
名作!
VerseroGoe

VerseroGoeの感想・評価

4.4
言わずと知れた名作。ロバート・デ・ニーロの演技が光る。狂人が主人公でありながら、彼自身が人間誰しも持っているようなダークな感情の代弁者であり、不器用であるが故に、その感情をコントロールできずに行動に移してしまうというところが、オーディエンスに不愉快な同情を誘う。全体を通した音楽とフィルムノワール的な映像は、複数視聴してもまた観たいと思わせる魅力がある。
まぁそこそこ。
終始危なかっしい感じ。
それを際立たせるジャズミュージック。
サックスがいい具合に唆る。

全体的に重めだが結果的にトラビス正義。


良くあれで死ななかったなと。

ラストでベッツィーが乗ってくるところ。
それを何かしらの蟠り未練があるにもかかわらず男前に気丈に振る舞ってカッコよく去るトラビス。

いや絶対帰った後後悔するやつー

まぁでもそこが良い。わかる。

まだ13歳のジョディフォスターが娼婦役。
マジかよ。良いのかよと
まあ確かに可愛いけども。
挑戦がすごい。

シビルシェパードが美人すぎる。
あれはヤバイてって奴。


デニーロ最高。
セリフなくても伝わる感情。
それは見ていたらわかる彼の存在。
はー好きです。やっぱり
>|