タクシードライバーの作品情報・感想・評価

タクシードライバー1976年製作の映画)

Taxi Driver

上映日:1976年09月18日

製作国:

上映時間:114分

3.8

あらすじ

「タクシードライバー」に投稿された感想・評価

ばろん

ばろんの感想・評価

3.7
ポートレートを見ているかのような、一つ一つのシーンが美しく、どこか儚く、魅力的だった。

悲壮な男が1人で世の悪に立ち向かう。誰も信じられないが故の孤独なヒーローにはどこか寂しさが感じられた。

どこまでいってもビターなテイスト。ロバートデニーロの黄昏た、もの寂しそうな様がとても決まっていた。
阿呆

阿呆の感想・評価

4.0


トラヴィス(ロバートデニーロ)の、言い方わからないけれど、ナルシストみたいな笑顔が終始不気味にみえてそこが怖い
そもそもフライヤーのモヒカン男と最初から出てくる笑顔を浮かべるトラヴィスとのギャップにも驚く🙄

劇中ずっとちょっとだささも香るロマンチックな演奏が流れているところがツボ
個人的に不眠症って設定はあんま入ってこなく、自身の正義はかかえた普通にズレた男、、

あ、ここ「ジョーカー」でもあったかも、みたいな場面、想像以上に多かった😮
これを見た後、ジョーカーを思い出すと、なんだかあいつ可愛かったなぁってなる😂
LE

LEの感想・評価

4.0
JOKERを観た人の多くがタクシードライバーを観ていることがFilmarksの様々なレビューを見てしり、鑑賞。

ベトナム戦争から帰還した兵士が乱れた世の中をみて幻滅し、悪を一掃しようと計画する。

確かにニューヨークの街なんかを見ると、ゴミがたくさん捨ててあり、私でさえ、掃除機で吸い取りたくなる。


また、トラビスが殺人を起こすものの、全てが人助けとなっていて、感謝される。世の中で何がどう影響して進んでいくのか、世論の動きなんて読めないなと思った。

若き日のロバートデニーロや、ジョディフォスターが見れて感動(^^)
「ジョーカー」の監督が影響を受けた作品ということで鑑賞してみました。
面白かったけど何か物足りない感あったなあ
多分原因は当時のアメリカ社会の時代背景などを知らない無知な自分の所為だと思うが、、

まあ、物語上普通にスルーされてるけどトラヴィスってストーカーだよな(笑)
KENTA

KENTAの感想・評価

4.6
東京に類似している。

カッコよすぎる男。

ロバート・デ・ニーロの若い時こんなにハンサムだったなんて😂
sntrmz

sntrmzの感想・評価

3.7
孤独を常に感じるトラヴィス。
社会にストレスを感じて自分の正義を行使する。

映画を観ていてこの雰囲気がすごい好きだった。
TS

TSの感想・評価

3.3
パラノイア。
女に興味があって女の話に興味がないときああいう会話になるね。

このレビューはネタバレを含みます

映画ジョーカーに影響を与えている作品とのことで見てみた。
最初はどの辺りが意識した部分なのかな〜とか考えつつ見ていたけれど、ジョディフォスターが出てきた辺りでジョディが気になりすぎた。12〜13歳とは思えない色気と演技。凄い。
ジョーカーと比べてしまうと、やっぱりジョーカーの方が好きだけれど、この映画が無ければジョーカーは生まれていなかったかもな〜と思うと感慨深い。
トラヴィスはたまたま英雄になったけれど、果たしてそれで世界を肯定できるようになったのかな。。
>|