MasahiroOhta

ロシュフォールの恋人たちのMasahiroOhtaのレビュー・感想・評価

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)
3.7
久し振りにスクリーンで鑑賞。
ユジク阿佐ヶ谷にて。

音楽とダンスとファッションと、洒落た台詞を楽しむ映画。
でもそれらを美しく楽しく見せるための演出とか編集もスゴいんだなーということに、今回観て気付かされた。

とは言えやはりこの作品の中心は音楽だと思っている。つまりミシェル・ルグラン。
一曲一曲が映画のメインテーマ張っても問題ないくらいの「キラーチューン」の数々を一本の映画に詰め込んで、しかも各アレンジも鬼。
むしろこの映画は「優秀なPV」だと思ってます。

が、劇場で、大きなスクリーン・大きな音で大人数でみたい作品です。