Returner リターナーの作品情報・感想・評価

「Returner リターナー」に投稿された感想・評価

薫子

薫子の感想・評価

4.5
こういうの大好きです
樹木希林イカしてる
Asammy

Asammyの感想・評価

3.0
トランスフォームするJAL
かおる

かおるの感想・評価

4.0
小学3年生の時に衝撃を受けた映画

世界観もいい、金城武、鈴木杏のコンビもいいが岸谷五朗、樹木希林の飛んでる感じもよりストーリーを際立たせている

この映画を見てアルデンテが好きになりました
pira

piraの感想・評価

1.0
CM詐欺だったよ。
Kazuhiro

Kazuhiroの感想・評価

4.0
小さい頃に見てずっと記憶に残っている作品。

タイムトラベル、アクション、宇宙人、バイク、時間の流れを遅くする時計!

男心をくすぐる要素てんこ盛り!

ラストのシーンで伏線も回収ですごくまとまったストーリーです♪
【山崎貴監督は三丁目なんかより本当はこんな映画撮りたかったんでしょ?】

うむ、確かにご指摘の通りあれもこれもどこかでみたことのあるものばかり。駄菓子菓子!あなたも私もそんなあれこれが大好きなはずだぞ。これまで、そういったビジュアルを一手に引き受けてきたのがアニメやゲーム業界で(SF的)才能ある人材は映画界にはほとんどいなかったはずだ。邦画でそれを観ることが出来るなんて、なんたる僥倖。

 セット、小道具のイカニモそれっぽい意匠が嬉しい。陳腐に見えるプロットやエイリアンも観客の間口を広げるためなんだろうと思う。古くはサイボーグ009の「加速装置」、最近ではコミック「銃夢」に登場した「アクセラレータ」など、ソニックムーバというガジェットの使い方も、ストーリーによく馴染み、効果的。自らのクロック周波数を加速させると、周りの動きが遅く見えるという石ノ森章太郎のイメージを見事にビジュアル化して見せた。

 ミヤモトの職業(?)「リターナー」の由来は「元に戻し屋」?「現状回復屋」?いずれにしろカネのためなら殺人もいとわない非情なアウトローを演じるには金城武ではチト役不足な気もする。  ミリのお気楽なお着替えシーンは、未来での悲惨な彼女の境遇と対比させる意味で、効果的であったと思う。  そもそも悪人顔の岸谷五朗は実に嬉しそうに演技してましたな。これから悪役のオファーが増えそう。
趣味全開で微笑ましい。相変わらず演出はクドいが。
樹木希林が誰よりもカッコよくて笑った。爆発を眺めながらのタバコ。ベストスモーカー。
小さい時に見たので内容は覚えてないです

でも面白かった記憶はすごくある!
大好きな映画
REI

REIの感想・評価

3.6
なつい!観た!わたしはこーゆーテイスト嫌いじゃない!小学生の頃にみたかなー!面白かった!
りっく

りっくの感想・評価

2.5
ターミネーター、メンインブラック、マトリックス、レオンというようなハリウッドメジャー大作の影響を明らかに受けた本作は、「この当時の邦画にしては」という枕詞をつけてはじめて褒められるようなものであり、現在見ても何ら面白味は感じられない。

山崎貴はその後、あくまでも映画の中心は物語であり、それを補足するためのVFX効果であることに気づきヒットメーカーの道を切り開いたが、本作は自分の好きなビジュアルを詰め込んだ、青臭さ全開の自己陶酔型映画である。
>|