romio

ぼくらの七日間戦争のromioのレビュー・感想・評価

ぼくらの七日間戦争(1988年製作の映画)
3.5
ラジオ、バナナムーンで話していたので今回見ることに。
日村さんの結婚がおめでたいです。

子どもの時にやりたかったことは?という質問の答えになるそんな内容の映画だった。
中学一年の子供たちが無関心な親やに厳しい学校に対して反抗し、みんなで家出を計画。その後学校の先生や警察とも戦うワイワイとした作品。
そして、なんといっても宮沢りえが美人である!!
子どもたちがその逃避行の中で、自分たちと向き合って、その後成長するみたいなことは全然ないが。
見たあとから、記憶の底に埋もれていくこの作品に(貶しているわけではない)何故か俺も満足感と懐かしさ、そして切なさを覚える。
ノスタルジーな作品ではないのにそれを感じる。
小学校の頃にやった基地遊び。
そして反抗期。
映像としては見えない部分が自分を刺激する。
終わり方も一夜の夢が終わったようで俺は好き。
セブンデイズを忘れるな。

あとは、謎のホームレスはいったいなんだったのか。謎。