ぼくらの七日間戦争の作品情報・感想・評価・動画配信

「ぼくらの七日間戦争」に投稿された感想・評価

Mac

Macの感想・評価

2.5
オードリーのオールナイトニッポンから。

ストーリーはイマイチ。
Wikipedia読んだ感じ、原作小説は面白そう。

中学生の宮沢りえが可愛い。
方眼

方眼の感想・評価

3.8
中学生のころに観たとしたら、大感動して大共感したであろう。全世代的に共感できる作りとは言いがたい。親も先生もステレオタイプで、生徒たちからみれば完全に敵として描かれている。
Kir

Kirの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

宮沢りえの可愛さの全盛期か.

主題歌もTK天才かと思うくらい良く合っている.話も今観ても色あせない.

今だと,パワハラがNGなくらいか.

ホームアローンばりのトラップに中2病がくすぐられる.

花火たくさん上げすぎでしょって思ったが,それ以上に皆が満足そうに見つめる表情に,ああいい話だなぁと思う映画.
少年あ

少年あの感想・評価

4.0
少年たちが親、教師、社会に反抗して立て篭もり、大人が連れ戻そうとする。

この時代は、体罰や縛りの強い校則が当たり前だったのかなあ、わからないけれど。
とても怖いね。

今は令和。
教師と生徒の立場が逆転している様に感じる時もあるけれど、やりすぎると今度は教師達が立て篭ってしまうのかな。

まあ、誰も教師を連れ戻しには行かないと思うけど。一生そこで戦車で遊んでいればいいの。
子供達の反抗は普通に犯罪なんだけど、だけどあくまで「大人が定めたルールの上では罪」というのが全てなんだなーと思った。校則違反も立て篭りも、あれもこれも、社会でどんなに技術が上がっても便利になっても、こういうことは自由にならないんだなー。子供はいつも大人の制限下で、もちろん守られていることもたくさんあるけれど、自由にできることなんて全然ないんだな。なら子供で罪に問われないうちにやっといたもん勝ちじゃん?ってなった。
子供が求める自由に悪意なんてないのに、大人は自分達でそれを罪と定めてしまったから、めくじら立てて取り締まって乗り込んで翻弄されるの。滑稽ね。
中学生の頃、近所の廃墟に集まって溜まり場にしてた事を思い出した。オードリーANNで若林が喋ってたけど、体罰がすごい。
子どものうちにこのぐらい反抗しておくべきだな
子供の頃、父の入院してた病室のテレビで見ていて面会時間が終わりか何かで最後まで見れなかったような。。。なんか覚えてる。食いついて見てた記憶(宮沢りえ目当てではないですw)だけど、大人になってみたら良さがわからん。昭和のパワハラばんざーいって思ったくらいだな。
u

uの感想・評価

2.5
原作大好きで観たけど作品が古くて自分の想像と大きく乖離してたのが悲しかった...
>|