ドラゴン危機一発の作品情報・感想・評価

「ドラゴン危機一発」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.0
私の好きな文芸評論家、斎藤美奈子さんの著書に『趣味は読書。』というのがあるのだけれど、将来『趣味は映画鑑賞。』とか胸を張って言うためにはブルース・リーは通過儀礼でしょ、という勝手な思い込みを満たすべく、新宿ピカデリー9周年企画「ブルース・リー4夜連続上映」に参加してきました。

もうね、ブルース・リー、ヤバい。鍛え抜かれた肉体を持つアスリートで、圧倒的な風格を備えた格闘家で、アイディア抜群な稀代のエンターテイナー。作品を重ねるごとに、研ぎ澄まされていく肉体美と広がるアクションのバリエーション。リアルタイムで観たオジサンたちが今でも盛り上がるのが良くわかる(私は初めて観ました)。

1夜目は原点ともいうべき第1作『ドラゴン危機一発』日本初公開復元版英語。『007 危機一発』からもじった、内容とは無関係の邦題ににじむB級映画感。しかし、4作観た結論としては、いくらストーリーとか演出がアレでも、すべて許せる。ちなみ本作は4作の中でブルース・リーが一番コミカルな演技をしていて、そこが結構好き。

本作は<当初ジェームズ・ティエンを主役に据えた作品で、リーは準主役という位置づけであったが、リーの凄まじいインパクトに彼を主役に据える方向でシナリオが書きかえられた>(ウィキペディア)。

そのせいか前半はティエンのアクションが続き、我らがブルース・リーは、絶対に喧嘩をしない誓いを立てた設定で、なかなか魅せてくれない。しかし、ついにその誓いを破るとき…、「はやっ!」。スピード、技の切れ味が一人別次元。圧倒的な強さ、風格、この映画の王様は誰か一目瞭然の説得力。

本作はブルース・リーの代名詞ともいえる怪鳥音(「アチョー」ですね)とヌンチャクアクションは出てこない。しかし、まずこの作品を観たおかげで『ドラゴン怒りの鉄拳』におけるブルース・リーのエンターテイナーとしての凄さにいたく感動した。

本作だけしか観なかったら、ブルース・リーの凄さはイマイチわからなかったかもしれない。しかし、観ておかなければ、他の作品で今抱いているような感動はなかったかもしれない。

●物語(50%×3.5):1.75
・なんだかんだ言って、結構楽しんだかも。

●演技、演出(30%×4.5):1.35
・ブルスー・リーのいきなりの速さにビックリ。

●映像、音、音楽(20%×3.0):0.60
・あんまり覚えてないけど、可もなく不可もなく的な。

●お好み加点:+0.30
・ブルース・リーを堪能するなら、まずコレを観なければ。
シリアスなイメージ、ブルース・リー作品第一弾。
本作品での彼はそれほどシリアスではない。彼のアクションシーンはさすが、物語は意外にもほのぼのさせる場面もあったりする。時たま流れるオルゴールが印象的。
ブルース・リーが好青年に見える本作、個人的にお気に入り。
プロットめちゃくちゃだけど謎にエネルギーはある。

ブルース・リーに興味が無い人は無理に観なくていいかな。
NAO

NAOの感想・評価

3.2
2018.02.15 on hulu
-----------------------------------
劇団ひとりのようなリーがつぼ
-----------------------------------
「あれっ見える、いつのまにか功夫強くなったの?」と思ってしまうほど、全編ウィッチタイム(超スロー)の前主人公ジェームズティエンのアクションシーン。本当にブルースリーに主人公変えて良かったと思う、動きが天地の差。

個人的に好きなのは、川のほとりでチャオメイを助けた後のリーの童貞顔とシーンに全く合わない劇中曲たち。昔の映画は突っ込みどこ満載で飽きないわ〜。

最後の「勝負に勝って試合に負けた」感はなんかもやもや。。
トランポリンぐらい高くジャンプす。
ブルースリー大暴走。
タマゴ

タマゴの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

師匠のおじさんの知り合いみたいな人のところに出稼ぎにでたブルース・リー。

ただ出稼ぎ先の連中と働いている工場が麻薬の密売を行っており、
それを発見してしまった仲間がそこの工場長だったり、社長だったり、
社長の息子だったりに次々殺されていく。

それにブルース・リーが気づいた頃には全員殺されていて、
復讐するって映画。


音響だったり、カットだったり、
演出だったり、昔は色々工夫していたんだなって感じた。

いまみると物足りないが、
カンフーアクションはやはりすごい。
sae

saeの感想・評価

-
記録

NC(字)①
終始主人公のキャラがぼんやりしてた感が

首飾り見るたび「チャラ〜」って流れるのちょっと嫌いだった

ジャッキーのアクションを見慣れてしまっているせいで滅茶滅茶遅く感じてしまう
ただこれがあってこそのジャッキー映画ってこと考えるとなかなか

黎明期の空気を感じる歴史的に重要な作品ではある
>|