ドラゴン危機一発の作品情報・感想・評価

「ドラゴン危機一発」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.0
私の好きな文芸評論家、斎藤美奈子さんの著書に『趣味は読書。』というのがあるのだけれど、将来『趣味は映画鑑賞。』とか胸を張って言うためにはブルース・リーは通過儀礼でしょ、という勝手な思い込みを満たすべく、新宿ピカデリー9周年企画「ブルース・リー4夜連続上映」に参加してきました。

もうね、ブルース・リー、ヤバい。鍛え抜かれた肉体を持つアスリートで、圧倒的な風格を備えた格闘家で、アイディア抜群な稀代のエンターテイナー。作品を重ねるごとに、研ぎ澄まされていく肉体美と広がるアクションのバリエーション。リアルタイムで観たオジサンたちが今でも盛り上がるのが良くわかる(私は初めて観ました)。

1夜目は原点ともいうべき第1作『ドラゴン危機一発』日本初公開復元版英語。『007 危機一発』からもじった、内容とは無関係の邦題ににじむB級映画感。しかし、4作観た結論としては、いくらストーリーとか演出がアレでも、すべて許せる。ちなみ本作は4作の中でブルース・リーが一番コミカルな演技をしていて、そこが結構好き。

本作は<当初ジェームズ・ティエンを主役に据えた作品で、リーは準主役という位置づけであったが、リーの凄まじいインパクトに彼を主役に据える方向でシナリオが書きかえられた>(ウィキペディア)。

そのせいか前半はティエンのアクションが続き、我らがブルース・リーは、絶対に喧嘩をしない誓いを立てた設定で、なかなか魅せてくれない。しかし、ついにその誓いを破るとき…、「はやっ!」。スピード、技の切れ味が一人別次元。圧倒的な強さ、風格、この映画の王様は誰か一目瞭然の説得力。

本作はブルース・リーの代名詞ともいえる怪鳥音(「アチョー」ですね)とヌンチャクアクションは出てこない。しかし、まずこの作品を観たおかげで『ドラゴン怒りの鉄拳』におけるブルース・リーのエンターテイナーとしての凄さにいたく感動した。

本作だけしか観なかったら、ブルース・リーの凄さはイマイチわからなかったかもしれない。しかし、観ておかなければ、他の作品で今抱いているような感動はなかったかもしれない。

●物語(50%×3.5):1.75
・なんだかんだ言って、結構楽しんだかも。

●演技、演出(30%×4.5):1.35
・ブルスー・リーのいきなりの速さにビックリ。

●映像、音、音楽(20%×3.0):0.60
・あんまり覚えてないけど、可もなく不可もなく的な。

●お好み加点:+0.30
・ブルース・リーを堪能するなら、まずコレを観なければ。
ブルース・リー作品の中で最初に観た作品。
彼の作品で素早いアクションシーンはスロー再生で観ると楽しめる。
物語はシリアスものだがほのぼのする場面もあったりする。
シリアスなイメージが強い彼だが、本作で彼が色仕掛けに引っかかる場面には人間味を感じた。
時折見せる彼の笑顔が印象に残る。
kuu

kuuの感想・評価

-
ジークンドー最強過去鑑賞記録
Karen

Karenの感想・評価

3.5
ブルース・リーが可愛いと思ってしまった。体育座りするところ、あの口角がクイっと上がる笑顔、そしてノラ・ミャオの前でにやけていたと思う。可愛い。

怒った時とか悲しい時の表情がめちゃくちゃ分かりやすい。

肩に上着をかけているだけでカッコいい。

インコちゃんが可愛い。ww
首領茂

首領茂の感想・評価

3.0
我らがブルース・リーの初主演作。そのためか彼のアクションは他の作品より控えめで、馬鹿すぎる登場人物や強引な展開がどうしても目についてしまう。リーの仕草はすごくいいんだけどねえ。(特に血をなめるところ)
のだ

のだの感想・評価

3.5
初ブルースリー作品。主任の高速キックカッコ良い!
>|