ドラゴン危機一発の作品情報・感想・評価

「ドラゴン危機一発」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.0
私の好きな文芸評論家、斎藤美奈子さんの著書に『趣味は読書。』というのがあるのだけれど、将来『趣味は映画鑑賞。』とか胸を張って言うためにはブルース・リーは通過儀礼でしょ、という勝手な思い込みを満たすべく、新宿ピカデリー9周年企画「ブルース・リー4夜連続上映」に参加してきました。

もうね、ブルース・リー、ヤバい。鍛え抜かれた肉体を持つアスリートで、圧倒的な風格を備えた格闘家で、アイディア抜群な稀代のエンターテイナー。作品を重ねるごとに、研ぎ澄まされていく肉体美と広がるアクションのバリエーション。リアルタイムで観たオジサンたちが今でも盛り上がるのが良くわかる(私は初めて観ました)。

1夜目は原点ともいうべき第1作『ドラゴン危機一発』日本初公開復元版英語。『007 危機一発』からもじった、内容とは無関係の邦題ににじむB級映画感。しかし、4作観た結論としては、いくらストーリーとか演出がアレでも、すべて許せる。ちなみ本作は4作の中でブルース・リーが一番コミカルな演技をしていて、そこが結構好き。

本作は<当初ジェームズ・ティエンを主役に据えた作品で、リーは準主役という位置づけであったが、リーの凄まじいインパクトに彼を主役に据える方向でシナリオが書きかえられた>(ウィキペディア)。

そのせいか前半はティエンのアクションが続き、我らがブルース・リーは、絶対に喧嘩をしない誓いを立てた設定で、なかなか魅せてくれない。しかし、ついにその誓いを破るとき…、「はやっ!」。スピード、技の切れ味が一人別次元。圧倒的な強さ、風格、この映画の王様は誰か一目瞭然の説得力。

本作はブルース・リーの代名詞ともいえる怪鳥音(「アチョー」ですね)とヌンチャクアクションは出てこない。しかし、まずこの作品を観たおかげで『ドラゴン怒りの鉄拳』におけるブルース・リーのエンターテイナーとしての凄さにいたく感動した。

本作だけしか観なかったら、ブルース・リーの凄さはイマイチわからなかったかもしれない。しかし、観ておかなければ、他の作品で今抱いているような感動はなかったかもしれない。

●物語(50%×3.5):1.75
・なんだかんだ言って、結構楽しんだかも。

●演技、演出(30%×4.5):1.35
・ブルスー・リーのいきなりの速さにビックリ。

●映像、音、音楽(20%×3.0):0.60
・あんまり覚えてないけど、可もなく不可もなく的な。

●お好み加点:+0.30
・ブルース・リーを堪能するなら、まずコレを観なければ。
aaaaa

aaaaaの感想・評価

3.1
記念すべきブルース・リー初主演作!
全てはここから始まりました。

タイの片田舎を舞台に、製氷工場での陰謀にブルース・リー扮する青年が巻き込まれる物語。

正直ブルースはアメリカから戻って来たばかりだし、香港映画はまだまだ発展途上だったワケで、当然作品の作りも相当荒削りですね。かなり低予算だった様で、まだ垢抜けてないブルースが拝めます。
残念ながらあの怪鳥音はあまり披露してくれません。笑
70年代の映画にありがちなお色気たっぷり、結構スプラッター炸裂な一作になってます。
それにしても、ブルースの容赦無い暴れっぷりで、もはや殺人鬼の様にも見える様な...。ラストは何ともやるせない結末。

ブルースが敵を倒し、勢い余って壁を突き抜けるシーンがあるんですが、ご丁寧に人型の穴が開く!というバックスバニーの様な珍演出も。
死体が氷詰めされてる場面では、マネキンか写真を氷詰めにして撮影してますね。笑

霊幻道士でお馴染みの若き日の林正英が、ブルースの同僚役で出演してたり、香港映画の名脇役ジェームス・ティエンが異様に若かったり、アクション以外でも見せ場ありです。
ミ

ミの感想・評価

5.0
オールタイムベスト
なすび

なすびの感想・評価

5.0
ひゃーーーやっぱりブルースリーはかっこいいな!!!永遠に私の中の強さの頂点😳(トニージャー先生は2番手!)

映画秘宝で高橋ヨシキさんが「元気のないときはブルースリーがおすすめ」って言ってたから見た!

さて、遡ること10何年…自分がブルースリーを知ったのは物心つく前であった!お父さんがブルースリー好きでよく映画とか「ブルースリー伝説」(BSでやってたブルースリーの伝記ドラマ、見てた人おる!?)見てた影響で私も自然とブルースリーを敬愛するようになりました。バカでもガキでもブルースリーがかっこいいことは分かる!!!そして昔からブルースリー見てきたから武術に対する目が肥えた自信はある。
実は私小学生の時に空手を何年か、大学に入ってテコンドーをちょろりとやった身で一応武術のブの字くらいには触れた者でありとにかく昔から漠然と「強くなりたい!」という願望だけはある!小学生の頃はまだまだ成長期真っ只中だし正直クラスの男子の9割には勝てる自信あった。でも武術って身を守るためのもので人を傷つけるためのものではない!って教え込まれてたから絶対に素人には手も足も出さなかった…そんなイケメン女子小学生だったのだ!もちろんそれはブルースリー先生の影響でもある!本当に強い人ってのは自分から先に仕掛けないし最小限の動きで相手を仕留める。これが自分が思うガチ強い人!!!=ブルースリー!!!

今見るとブルースリーの体幹ハンパなくて恐れ多い。構えもめちゃくちゃどっしりしててかっこいいし、片足立ちの時の体の筋の通り方が教科書みたいです。更にフットワークも軽いし距離の取り方が一定間隔&全く無駄のない動きでうますぎる。いや今更こんなこと言うのも野暮だけど、やっぱすごいっすブルースリー…動きも早すぎ…そんな早く回し蹴り出来るわけないやん…
カンフーのパンチかっこいいよな、力を凝縮して重い拳をパンンンッて早く鋭く相手の肉体に差し込むやつ。早すぎて何が起こったか分かんねえよ!

ブルースリーを小さい頃から見ていた弊害が実はあってだな、ハリウッドのアクションがあまりハマらないことなんだな笑 自分はブルースリー的カンフー的最小限の動作で仕留めるアクションが好きだし実際一番強いだろ!あれが本物だろ!って思うからド派手に見せて実はあんまり強くないアクションがカッコよく見えないんだ!!😱あと男は肉体と肉体でぶつかり合うのが一番派なのでカーアクション、ガンアクション、その他武器使いに萌えない。やっぱカンフーとかムエタイとかさ、わくわくすんじゃん!分かりやすいしペチペチ聞きたいじゃん! てか本物見たいじゃん!
最近はでも他のアクションもそれはそれで面白いかなってだいぶ割り切れるようになってきた!目の保養筋肉マンなロック様とかバーフバリ、バラーラとか見てて楽しいから好き!💪💪

ブルースリー顔もかっこいいやん…笑顔がキュート♡

話とかカメラワークとか他の人の演技がメッサ適当なところが最高👍👍👍
とりあえず出てきた人の9割くらいは死ぬのもサイコー👍👍👍
ブルース・リー主演 第一作
ドシンプル、製氷工場、ラスト圧巻指差し殺し つええ
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
タイの製氷工場で働く親戚を頼って香港からやってきた青年チェン(ブルース・リー)。だが、その会社は裏で麻薬の密売を行っており、秘密を知った仲間が次々と殺される。怒りを爆発させたチェンは「喧嘩はしない」という母との誓いを破り、仲間の復讐のため極悪非道な社長一味に単身闘いを挑む。 
記念すべきブルース・リー初主演作品。
前半は、ブルース・リー演じるチェンが母親に喧嘩はしないと誓っていることもありなかなか暴れないけど、母親からもらった誓いのペンダントを千切られた後はブルース・リーお得意の連続蹴りなどが炸裂するカンフーバトルにスカッとさせられる。ブルース・リーの社長に丸め込まれたりするとっぽい純朴な若者役も、なかなかユニーク。クライマックスのブルース・リーとハン・インチェのバトルは、迫力満点のカンフーバトル。
「怒りの鉄拳」「ドラゴンへの道」「燃えよ!ドラゴン」のようには洗練されていないが、ブルース・リーのファンなら一見の価値ありのカンフー映画。
今見てもブルース・リーかっこいいな
たくや

たくやの感想・評価

2.2
終盤の最後から30分くらいしか見所がない。ストーリーに中身がなく、アクションもほとんど終盤しかない。アクションよりも集団で喧嘩しているようにしか見えない。
前半に至ってはブルースリーが主演とは思えず、製氷所の労働者が何人もいて事態が把握できず。生産された角氷に麻薬を隠しておく理由が謎。何人も殺されているのにブルースリーの怒りが中途半端で、闘う理由がもうひとつ意味不明。ドラゴン危機一髪の危機が感じられない。
ゴマ

ゴマの感想・評価

3.1
面白い!
ものすごく久々に鑑賞。
ブルース・リーものって、昔わくわくしながら観てましたが、今改めて見ると、本当に適当に作ってますね(笑)。話の内容も適当ならば、ブルース・リー以外の格闘シーンもめちゃ適当。全然強そうじゃないし、カンフーでも何でもない子供のけんかみたい。
でも、それらを一発で吹き飛ばすブルース・リーのアクションは今観ても圧巻です。何も考えずに観よう!
>|