39 刑法第三十九条の作品情報・感想・評価

「39 刑法第三十九条」に投稿された感想・評価

「39」とは刑法39条(精神障害者の罪を減ずることを趣旨とした条文)のこと。

ある若夫婦が殺害される。逮捕された男(堤真一)には、精神鑑定の必要があるということで、精神科医(杉浦直樹)とその助手(鈴木京香)が呼ばれる。鈴木京香は地味役ながらものすごく色っぽい。

邦画の良いところと悪いところが出ている。

聞き取れないボソボソ声で喋れば、アートっぽいみたいな、邦画の悪い風潮やめたほうがいいよ。岸部一徳と江守徹はさすがにうまいけど。

物語上あまり関係ない脇役(杉浦直樹とか、鈴木京香のお母さんの吉田日出子)まで、変なキャラ立ちしていて、見づらくてしようがなかった。

森田監督の尖った演出(望遠で顔の一部や景色をクローズアップしたような絵面がえんえんと続く)も、冒頭こそ引き込まれたものの、だんだんと見ているのが苦痛になってくる。

後半の裁判シーンでは、小劇団演劇みたいなのを、手持ちブレブレカメラでえんえんと見せられ閉口。
精神鑑定と刑法39条についての映画。

堤真一と鈴木京香の20年前の演技に圧倒される間に見終わってしまうぐらいでした。

他にも樹木希林など豪華な俳優陣。

刑法39条の良し悪しに対する考え、だけではなくて
それがある上での人間の複雑な気持ちの動きを描写してる感じ。

とりあえず心理学、精神科学が好きな人は見るべき
藻屑

藻屑の感想・評価

3.5
日本らしい映画
思った通りのストーリー展開だけど満足
YukiTanaka

YukiTanakaの感想・評価

3.5
ガムの捨て方がトラウマ級
思ってたより捻りがあり、唸らされた、精神鑑定が、法廷にたつ人間としての資格を奪うという視点は、責任能力無き者を守るという視点と同じように、あり得るんだということが感じられた。堤真一が凄い。
feyummmmi

feyummmmiの感想・評価

4.3
ラストが切ない。
>|