39 刑法第三十九条の作品情報・感想・評価

「39 刑法第三十九条」に投稿された感想・評価

「39」とは刑法39条(精神障害者の罪を減ずることを趣旨とした条文)のこと。

ある若夫婦が殺害される。逮捕された男(堤真一)には、精神鑑定の必要があるということで、精神科医(杉浦直樹)とその助手(鈴木京香)が呼ばれる。鈴木京香は地味役ながらものすごく色っぽい。

邦画の良いところと悪いところが出ている。

聞き取れないボソボソ声で喋れば、アートっぽいみたいな、邦画の悪い風潮やめたほうがいいよ。岸部一徳と江守徹はさすがにうまいけど。

物語上あまり関係ない脇役(杉浦直樹とか、鈴木京香のお母さんの吉田日出子)まで、変なキャラ立ちしていて、見づらくてしようがなかった。

森田監督の尖った演出(望遠で顔の一部や景色をクローズアップしたような絵面がえんえんと続く)も、冒頭こそ引き込まれたものの、だんだんと見ているのが苦痛になってくる。

後半の裁判シーンでは、小劇団演劇みたいなのを、手持ちブレブレカメラでえんえんと見せられ閉口。
堤真一が最高ですね。ありがとうございます。
かな

かなの感想・評価

3.5
サスペンスで法廷物で猟奇殺人で、ってきたらどんでん返しを期待してしまったけど、どうやらそれが映画の見せ場じゃないらしい。
もちろんそれもあるけれど、わたしでも分かるくらいにヒントがちらちら見え隠れしてるし、たどり着いた真実に至ったプロセスとか事件をとりまく登場人物たちの思いにフォーカスされているように感じた。カメラワークとか無意味に見えるカットを差し込んだりするのが森田芳光節ってかんじなのかな。今観たら新鮮でした。
こういう作家性の強くて次回作が楽しみになるような監督の邦画がもっと観たいな。
Nanacom

Nanacomの感想・評価

-
1回目に見たときの衝撃を思い出したくてWOWOWで録画。

堤真一以外のあえての抑圧された演技、不安をあおるような不完全なカメラワークなど、ジメジメした世界観がよく作り込まれている。

少年法も刑法39条も嫌悪する。
性善説を信じたい国民性。

久々に怒りを思い出した。
dosukoi

dosukoiの感想・評価

3.9
刑法第三十九条に対し問題提起している
見応えのある内容だった
kyo

kyoの感想・評価

3.5
心神喪失者の行為は罰しない。 心神耗弱者の行為は その刑を軽減する。
【刑法39条】

夫と妻 そしてお腹の子が殺される事件が起きる。 犯人はすぐに逮捕されたのだが どうも様子がおかしい!
そして、精神鑑定の結果 多重人格の結果が出る。
しかし、助手の小川は詐病【嘘】では⁈ と疑問を持つ

はたして多重人格なのか?詐病なのか?
動機は? 真相は?
裁判で明らかになります。 それは良かったのだが、全体的に声が小さくて聞こえ辛かった。

ラスト 法廷で小川役の鈴木京香が39条について自分の意見を言うシーンが良かった

終始 暗い感じでしたが、スッキリした映画でした。
emi

emiの感想・評価

3.5
心身喪失者の罪は問わずという法律の是非を問う作品かと思ったら、調査の過程で意外な真実が明らかになるリーガル・サスペンスだった。終始陰鬱な雰囲気なうえに長尺で疲れるが、主演の鈴木京香と上司の教授役の抑えた演技のリアリティが光っていた。
カメラワークね、暗闇で見たらだめ。
演技が好き。俳優さんはこうあって欲しいなと。
どちらが被害者で、加害者なのか。考えさせられる映画ではあったんだけど、無知で脳みそ使い物にならなかったから勉強しよ。。
Gin

Ginの感想・評価

2.7
悪くないんだけど、身体が震える演出とか映像のコマ割りっていうのか、なんかちょっと古く感じて、冷めた目でみてしまった。入り込めなかったというか…
ちょっと作り変えて今風にすればもっと入り込めそう。
みんな同じこと言うけどカメラワークが本当に頭痛くなる。
暗く重い映画だった。
刑法39条はいらないでしょ!
凶悪犯罪者に逃げ道を与えるだけ。
今の大御所が中堅な役で出てる!
中堅が若手って感じでキャストが割と豪華です。
>|