小嶋貴之

セーラー服と機関銃の小嶋貴之のネタバレレビュー・内容・結末

セーラー服と機関銃(1981年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

もちろん充分良いんだけど、相米監督は鑑賞に浸るのが恥ずかしいのが好きで無いのか、上手くない。
組員が死ぬ時、必ず直前で心情の吐露をさせて情を感じさせて直後にボロ切れのように殺す。の繰り返し。
もう少し引っ張って、その心情の吐露を顕在化させた上で殺さないと、情もうつらないかと。
脚本も田中陽造なのになあ。