セーラー服と機関銃の作品情報・感想・評価・動画配信

「セーラー服と機関銃」に投稿された感想・評価

設定のおもしろさ(ばかばかしさ)が魅力ではあるが、いたいけな薬師丸ひろ子を宙吊りにしてクレーンでコンクリートに漬けたり、やくざのガチセックスを目撃させるシーンも最高。
「おたく、ひょっとしてクルージング?」という台詞が理解できずググったらゲイの隠語で男漁りというような意味らしい。そのあとすぐ「ビョーキね、ほとんど」。1981年当時の感覚がわかるこういったやりとりも時代の空気を閉じ込める映画ならではの魅力だと思った。
以上、イモなオジンの感想でした。
ゆた

ゆたの感想・評価

2.5
自分が知らない時代を映像や音から感じられた作品。いろいろと衝撃的。
薬師丸ひろ子の身体能力が高くて動きがいちいちおもしろい(『探偵物語』でも感じた)。やっぱり映画向きな人なんだなあ。クレーンで何回もコンクリート漬けになるところも最高(ここでは『旅のおわりー』の前田敦子を思い出す)。

「わたくし、愚かなオンナになりそうです まる」
とろ

とろの感想・評価

3.0
おじさんたちが寄って集って女の子を押さえつける感じとかすごい気持ち悪くて私は苦手だけど古い映画だしね、、
でもずっと色が綺麗だし薬師丸ひろ子様かわいいし素敵
かの有名なセリフとシーンで、薬師丸ひろ子の存在を世に知らしめた名作。

確かに薬師丸ひろ子も良いのだが、若頭役の渡瀬恒彦がめちゃめちゃ格好良い。

さらし姿が素敵だし、ラブシーンも薬師丸ひろ子とのシーンもそれぞれ違った魅力があるのがうまい。

やはりこの時代の角川映画は面白い。
s

sの感想・評価

3.6
もしかすると、ポッと出てきた可愛い子が得体の知れない芸能界で急に祭り上げられた先に待つ、苦悩と葛藤を描いた作品なのではないかと考え出したら、ただのアイドル映画ではなく、薬師丸ひろ子のこれからを占い、そして応援している作品にも思えた。

本来、アイドル映画とはこういうものでなければいけないのだろう。
tom

tomの感想・評価

3.6
ポジティブな組長さん
まえだ

まえだの感想・評価

4.0
カメラの動き方がいい
August

Augustの感想・評価

2.8
設定は面白い、薬師丸さんも素敵です。

しかし、置いてきぼり感、台詞や声のトーンに違和感がありました。ヒロインがアニメっぽい。
長回しが多い印象、今の映画から比べると独特です。
>|